2012年05月11日 Tweet It!

一歳半のテロリスト

米運輸保安局(TSA)子供のテロリスト:一家は飛行機から降ろされた:1歳半が飛行禁止リストに

フォート・ローダーデール空港で、TSAの職員が一家に乗り込んでいた飛行機を降りるように命令した。18ヶ月の子供がテロ容疑者として飛行禁止リストにのっているからだという。

子供の両親は、自分たちと娘が中東の血を引いているからJetBlueの飛行機を降りるように命令され逮捕されたと考えている。
「ばかげている。理にかなわない。どうして一歳半が飛行禁止リストに載っているのか?」と父親はABCの傘下にあるWPBF Newsのインタビューに答えた。

空港では、一家を降ろした後、何があったかについてそれ以上の説明を求められることなく再び飛行機に乗れることになったが、彼らはその申し出を拒み、空港を立ち去った。「この事件の後で、飛行機に再び乗り込むのはとても恥ずかしい」と一家は語っていたという。

三ヶ月前に明らかになった数字では、飛行禁止リストには現在2万1千の名前があり、一年前より1万1千人近く増えているという。

元記事

「子供さんの名前確かにありますよね。しかし、本人を見る限り子供さんですから、これは間違いでしょう。もう一度搭乗してください」、みたいなことですかね?


posted by 狭依彦 at 22:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
井上弘TBS社長 発言集「テレビは洗脳装置。嘘でも放送すれば真実になる」「日本人は馬鹿ばっかりだから我々テレビ人が指導監督してやっとるんです」「社会はテレビが支配します。今日からは私が日本を支配します」
大橋巨泉
「テレビは低所得者・負け組・知的レベルの低い人達の娯楽。芸能人の内輪話を共有したつもりになっている」
Posted by 精神科=公的麻薬販売人 at 2012年05月20日 11:24
テレビが「発明」された時、この「機能」を担うように最初から決められていたのですかね?
時々、そんなことを考えます。
Posted by 狭依彦 at 2012年05月20日 21:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック