2012年06月15日 Tweet It!

ギリシャ左翼党の勝利の場合

もし、急進的左翼党とその強力な競争者であるSYRIZA(超左翼)が今週末に勝利するなら、ギリシャ国民は同国の以前の通貨であるドラチュマに戻ることの影響を懸念している。

銀行の引き出し額が巨額となっている。
一方、小売店によると、消費者はパスタや缶詰などの保存食を貯蔵しているという。

報道によると、ギリシャの国庫にはお金があまり残っていないという。
ギリシャの財務大臣はコメントを拒否したが、労働大臣は、少なくとも7月の年金を払うだけの現金はあるという。

もし、ギリシャがユーロ圏を離脱するなら、ドラチュマの価値は急落し、労働者の収入も同様となる。
生活費は、利子率の上昇と輸入価格の増加によって急増しかねない。

元記事

右翼も左翼も支配政党もみんな同じ組織の手先であるとすると、どっちに転んでも、ギリシャ国民の塗炭の苦しみは大きくなるだけのようですね。
そんなときのカタストロフィーとして「戦争」が持ち出されるのかな?
posted by 狭依彦 at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際欧州(英以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/275125800
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。