2005年04月03日 Tweet It!

ノアの箱舟はアララト山にはない

アララト山にあるノアの箱舟の残骸だと思われていたものが、ロシアの科学者によって自然の構築物だと確認された。

集められた標本は、すべて、ノアの箱舟がアララト山の西の斜面にあることを証明するものではなかった。1840年の火山活動で、石化した木材を含むすべてのものを破壊してしまったので、船の残骸を語ること自体が不可能である。

ロシアの研究チームは2004年の秋に西斜面を訪れ、ビデオテープと「人工物」の標本を持って帰った。何度も実験をした結果、それは、火山活動の生成物であり、ノアの箱舟の残骸ではないという結論が出た。

http://www.mosnews.com/news/2005/03/25/ararat.shtml


posted by 狭依彦 at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーカサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック