2012年06月21日 Tweet It!

福島原発の高齢技術者ボランティア

人間性に信頼を取り戻す21の写真

8 このメモはレストランで老女から20ドル札と一緒にウエイターに渡されたもの。
あなたへチップをあげたのは、あなたが私の息子デロンを思い出させてくれたからです。デロンは15年前に亡くなりました。
たぶん、あなたはちょっとだけ息子に似ていますが、あなたの親切さ、やさしさ、思いやりが息子を思い出させてくれるのです。
暖かい思い出をありがとう。
神のご加護があなたにありますように。

2 日本の高齢者たちが若者たちが放射能にさらされなくてよいように、福島の原発で核の危機に対応すべくボランティアを行っていること。
200名以上の日本の年金生活者のグループが福島原発で核危機に取り組むべくボランティアを行っている。
このグループはベテラン技術者部隊と名乗り、引退したエンジニアとその他の専門家からなっている。全員が60歳以上である。

彼らは、若者ではなく、自分たちこそが放射能の危険と向き合うべきであると語っている。
(BBCニュース)

元記事

他にも動物がらみのいい写真があります。
それにしても、2番の福島の話、私は日本のメディアはほとんど見ないとは言え、どうして英語情報で最初に知らなければならないのですかね。
もっともっと報道され、ニュースをあまり見ない人でも、日本語情報で最初に触れる機会があって当然ですよね?


posted by 狭依彦 at 22:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも翻訳ありがとうございます。

今日のサイトのご紹介、とってもよかったです。ありがとうございます。
特に動物レスキューに関する写真には涙ぐんでしまうものさえありました。
基本的には人間は非常に美しいものを持っているのに、イルミナティやグレイの世界計画のために、DNAを操られ、悪な波動をそれぞれの頭脳に送られ大切な人間が持つものを失われています。悲しいことです。今年からの世界の変化を期待するのみです!
Posted by yurichan at 2012年06月22日 02:00
いい写真がありましたね。
最近のアイクさんのヘッドラインはほとんどが政治がらみで、そうなると暗い話ばかりになるのですが、たまにはこんなのもあるのです。
ぼちぼち、翻訳やってゆきますね。
Posted by 狭依彦 at 2012年06月22日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。