2012年06月25日 Tweet It!

エジプト大統領戦

アメリカーイギリスーイスラエルにコントロールされている「ムスリム」同朋団がエジプトの「選挙」に勝利

ムスリム同朋団のMohammed Mursi氏がエジプトの大統領選挙の決戦投票で勝利を宣言した。

Mursi氏は投票の51.73%を獲得し、元首相のAhmed Shafiqを破ったと、最高大統領選挙委員会は発表した。
後で行われたテレビ演説で、Mursi氏はエジプトにとっての「歴史的な日」を称え、自分がすべてのエジプト人のための大統領となると語った。

元記事

元記事はBBCニュースですが、アイクさんの表題=アメリカーイギリスーイスラエルにコントロールされている「ムスリム」同朋団というところが、日本では報道されないでしょう。

今日、何度もこの人の顔を見ましたが、エジプトのイスラム原理主義化を危惧するような論調ばかりであったと思います。
でも、この表題のようであったなら安心でしょうね。
(本当に安心か?)


posted by 狭依彦 at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際アフリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。