2012年06月27日 Tweet It!

レディ・ガガの香水

悪名高いレディ・ガガの真に悪魔的なエッセンスを疑う人があったら、彼女の新しい香水こそ目をつけるべきものだ。この香水は今秋にデビューするとみられる。
ボストン・グローブなどによると、「Fame」として知られる、ガガの新しいニオイは、ガガ自身の血液、匿名のドナーから提供された精液などから作られている。また、人を殺すと分かっている高い毒性を持った植物の抽出物も含まれているのは明らかである。

「私自身の血液サンプルから取られたものだから、私をあなたの肌に付けている感じですよ」とガガは2011年にその香水について語っている。「分子構造から血液と精液のある種の感覚と知覚を抽出したかったのです・・・・・・それが香水に入っているわけですが、そんな匂いはしません。実際には、その香水は高価なウイスキーのような香りがします」

香水ビンに印刷されている成分表には、「Tears of Belladonna(ベラドンナ)、crushed heart of tiger orchidea, with a black veil of incense, pulverized apricot(アンズ), the combinative essences of saffron(サフラン)と honey drops(ハチミツ)の混合エッセンス」があるが、ベラドンナは非常に毒性の強い植物である。

元記事

この香水は販売されるものでしょうね。とすると、精液をどれくらい使っているのでしょうか?
精液をバイテクで増やしたものでしょうか?


posted by 狭依彦 at 21:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
OSはいじればいじるほど面白みが湧きますよね。私がiPhoneを初めて買った時は様々な事を試してきたものです。
http://www.ps3-controller.org/
http://www.justsk.com/
http://www.jp-moncler.org
Posted by jp-moncler at 2012年06月28日 16:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。