2012年07月03日 Tweet It!

シリアのトルコ機撃墜

ロシアがトルコのジェット機撃墜に関与

英国のサンデー・タイムズ紙の日曜日の記事によると、10日前にシリアの対空防衛システムによってトルコの戦闘機がインターセプトされ撃墜されたが、それにはロシアの技術者が大きな役割を果たしていた。
中東の外交筋の同紙への情報によると、トルコの F-4E Phantom IIを破壊したのは、NATOにシリアの内戦に介入しないように警告を発する意図を持った瞬時の決断であったという。
イスラエル空軍の情報筋では、「ロシアの専門家が自分でボタンを押したのではないにしても、少なくとも彼らがボタンを押したシリアの兵士の横についていたことがあったとしても、驚くべきことではない」と語っている。

元記事

シリア情勢に対するロシアの関与はヘッドラインでもよく出てくるニュースです。
ロシアという「国」がシリアに対して権益があり、それを守ろうとしているという筋書きより、1つの組織の2つの手(ロシア、西側諸国)が、シリア政府、シリア反体制派両方を支援(扇動)して戦争を起こさせようとしていると、私は考えています。


posted by 狭依彦 at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。