2012年07月20日 Tweet It!

パレスチナ子供は時限爆弾

Qaraqe:イスラエルは年間に700人の子供を逮捕。その90パーセントが拷問されている。

7月18日水曜日、囚人問題相のIssa Qaraqeによると、イスラエルは年間700人のパレスチナ人の未成年を逮捕しているという。
これらの未成年はすべてが18歳以下で、12,3歳の子供も含まれているという。
また、これらの子供たちのうち90パーセントが拷問、虐待、圧迫、取引(※)の対象になっているという。

※torture, ill-treatment, pressure, and bargaining.

Qaraqeはまた、イスラエルは子供たちを常にある脅威もしくは「時限爆弾」として扱っており、イスラエルの法律でもそうなっているという。
子供を「時限爆弾」とみなすことで、効果的に子供たちの免責を奪うことができるようになり、イスラエルの監獄システムは子供たちにある種の拷問を課せるようになり、国際法を回避することができるという。
また、イスラエルは拘束された子供たちに関して国際法を遵守していないので、国際社会の機関はパレスチナの子供たちを守るキャンペーンを行っているという。

元記事

torture, ill-treatment, pressure, and bargaining、覚えておくべき英語でしょうね。

パレスチナ人は2009年にはガザ地区150万人、ヨルダン川西岸地区250万人、イスラエル国内125万人となっているようですので、525万人中この年齢の子供たちが3割あるとして、700 ÷ (5250000 × 0.3) = 0.044パーセントとなります。

なお、私はこのようなことがイスラエルで行われていると信じますが、実際はこの記事の真偽については、調べていませんので分かりません。(ちょっと無責任ですかね?)


posted by 狭依彦 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック