2012年07月25日 Tweet It!

ビル・ゲイツ、ケム研究に資金提供

ビル・ゲイツが人工の地球冷却硫黄微粒子を大気圏中に散布する計画に資金提供

ジオ・エンジニア(地球工学エンジニア)たちがついに「ケムトレイル」のクロゼットから出てきた。
報道によると、いわゆる「温暖化」と戦うためと称して硫黄化合物を大気圏中にばら撒く熟考された計画が持ち出されている。ばら撒く硫黄化合物の量は何トンなのか明らかにされていない。

イギリスのガーディアンなどは報道で、マイクロソフトの創設者でワクチンの熱心な提供者であるビル・ゲイツが出した数百万ドルの研究資金が既に設けられていて、研究プロジェクトで使われているという。
来年中には、ニューメキシコのフォート・サムナーの上空8万フィートに巨大なバルーンが浮かせ、大気中に硫黄化合物を放出する予定だという。

元記事

「気球を使い、ばら撒きます」などとメルヘン的に発表していますが、実は、飛行機で毎日ばらまいて地球は疲弊して大変な状況になっているのでは?

最近、よく、たぶんケムでしょうが、オーロラのイメージを白くしたような変な雲を見るので、何か、ケム計画は最終段階に入っているのではと感じます。


posted by 狭依彦 at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ケム・トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。