2012年08月01日 Tweet It!

政策に抗議して焼身自殺2名目

イスラエルの抗議者が自己犠牲で2名目が死亡

イスラエルでイスラエル政権での社会的不公正と生活費の高さに抗議して、男性が自己犠牲のため火傷で死亡した。これで二名目となる。

水曜日の医療筋によると、死亡したのは身障者のAkiva Mafiで45歳、重度の火傷で死亡した。彼は、7月後半にテル・アビブから約15キロ東にあるYehudのバス停で車椅子で自己犠牲で火傷を負った。Mafiは体の8割の火傷を負っていたという。

抗議者たちは、イスラエル政府の「貧乏人から取り、金持ちに与える」政策に反対しているという。

抗議者たちは、また、テルアビブのNational Insurance Institute(国立保険機構)の事務所を襲い放火したという。
この組織は、最初に死亡したSilmanを財政危機に追い込み、自己犠牲させたと非難されている。

元記事

元記事はイランの政府系通信社。
中東の春はイスラエルではない「はず」ですが?


posted by 狭依彦 at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック