2012年08月08日 Tweet It!

大ピラミッドの赤色ヒエログラフ

ピラミッドのヒエログラフは数字をたくみに使っている可能性あり

エジプトのギザの大ピラミッドの隠れ部屋の床に、赤色塗料を使ったミステリアスなヒエログラフが描かれている。
4500年経過している霊廟の数字的分析を行った結果、それは数字(1,20,100をあらわす)であることが判明した。

大ピラミッドをロボットに探査させたレポートが初めて発表されたが、モニュメントであるピラミッドの建設以来、人間の目で見ることができなかった特質を画像が明らかにしている。

元記事

元記事にこの赤色塗料のヒエログラフの写真があります。
20の数字だという絵は、人間のように見えますね・・・・・・
posted by 狭依彦 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 超古代史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/285519762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。