2012年09月06日 Tweet It!

エボラウイルス

エボラ・ウイルス:グローバール・エリートの人口を1割にする計画のための生物兵器か?

米国防総省に監督の下、アメリカのDefense Threat Reduction Agency(防衛危機低減機関)とNIH(米国立衛生研究所)はTMT(医療技術転換計画)のもとで、エボラウイルスの科学的研究に数百万ドルを使っている。
そこでは、エボラウイルスを生物兵器に転換させる可能性が探られており、薬品会社2社−Massachusetts-based Sarepta Therapeutics と Tekmira Pharmaceuticals of Canadaが研究を行っていたが、予算が突然打ち切られた。

TMT(医療技術転換計画)は政府の機関、民間のバイテク会社、薬品会社や大学の研究所などと関係を構築して、最近戦争を開発し、ウイルスや生物兵器を研究、汚染の発生可能性、それの徹底的な破壊への有効性などをもとに、すべての生物的物質の危機レベルを推定している。

元記事

アフリカ系のウイルスが流行ってきているようですね。

エボラ出血熱については、アフリカで、かかった人が逃げ出した記事があります。関連記事

アメリカでは西ナイルウイルスが流行しているようです。関連記事
posted by 狭依彦 at 22:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウィルスの伝染というと個人的には「蚊」のイメージがあるのですが、今年はほんと蚊が多いような気がします。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2012年09月10日 11:50
私のところは少ないような気がします。
Posted by 狭依彦 at 2012年09月10日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/290639853
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。