2012年09月10日 Tweet It!

BPAの影響

BPAが実際に人の脳を変えることが分かった

ノース・カロライナ州立大学の研究者がビスフェノール-A(BPA)に幼児の期間にさらされると、実際に遺伝子の表現の変異を引き起こす可能性があることを発見した。
この影響はへんとうと呼ばれる脳の部分で見られ、不安レベルの増大につながる可能性がある。
大豆はエストロゲン(女性ホルモン)を模倣していると非難されているが、その大豆がBPAの影響を弱めることを、読者は驚かれるだろう。

BPAは石油生成物に含まれており、
(1)食品容器
(2)エポキシ樹脂
(3)水のボトル
(4)缶詰食品
(5)紙のお金
などに含まれる。
悪影響としては、
(1)乳がん
(2)肥満
(3)生殖不能
(4)男児の女性化
(5)少女の成熟を早める
(6)糖尿病
(7)抑圧と活発性過度
などだ。

元記事

大豆が予防に役に立つなら、日本人は少しはいいかもしれませんね・・・・・・
posted by 狭依彦 at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。