2005年04月13日 Tweet It!

台湾海峡の均衡は崩れた

中国は先日、台湾の独立運動が行き過ぎた場合、軍事介入を行う法律を定めた。また、中国は、軍備の近代化を進めており、水陸両用の艦船などを大量に配備しており、水中から対艦ミサイルを発射できるロシア製の原子力潜水艦も持っている。

もし、台湾で紛争が勃発した場合は、グアムや沖縄から戦闘機が発進して事にあたることになるが、米軍の艦隊が台湾の近くに到着した時には、既に、中国の勝利が確定してしまった後である可能性がある。

ヘラルドトリビューン

私はこのサイトで英語を勉強しました。今は、アイクのサイトでニュースは見ています。
posted by 狭依彦 at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック