2012年10月05日 Tweet It!

フィリピン、サイバー戒厳令

フィリピンのサイバー戒厳令

フィリピンの数千万人のインターネット・ユーザは水曜日、新しい現実に直面することとなった。リンクを共有すること、フェイスブックの‘Like’をクリックすることや、メッセージを再ツーイトすることで、最大12年の禁固を受けかねないのだ。

サイバー犯罪防止法が施行されたばかりであるが、これは幅が広すぎるし、抜け道が隠されていて、広い範囲のオンライン活動が中傷的とみなされる可能性がある
自分で記事を書かなくても、ただそれをオンラインで他者とシェアするだけで、刑務所に入れられる可能性もあるのだ

この不公正な法律に直面して、フィリッピン国民は抗議のデモ行進を行ったり、自己の権利のために立ち上がれとオンラインで呼びかけている。
組織、ブロガー、メディア、そして一般市民の連合が集まり、フィリピンの出来事に対して国際的な注目を集めようとしている。その行動は頂点に達している。

元記事

昔、フィリピンでの民主化の流れに乗ったアキノ大統領の子供が、今度はこの法律を作ったそうです。


posted by 狭依彦 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。