2012年11月05日 Tweet It!

シリア戦車が以占領地に入る

ゴラン高原でシリアの戦車がイスラエル政権を怒らせている

シリアの戦車3台がシリアのゴラン高原のイスラエル占領地の非武装地帯に入り、イスラエル政府を怒らせている。

イスラエル軍のスポークスマンは日曜日に声名を出し、イスラエル政府は「同地域の国連平和維持軍にクレームの申し立てをした」としている。

シリアの戦車の役割についてはイスラエルからは詳しい話は出なかった。しかし、イスラエルのメディアによると、シリア政府と戦っている反政府勢力と戦うために、イスラエル軍のチェックポイントの近くのシリアの村Beer Ajamに戦闘車両が入ったものだという。

イスラエル政権は1967年の戦争でシリアとの戦争でシリア領土の戦略的に重要なゴラン高原を占領した。
イスラエル政府は1981年に同領土を併合したが、国際的な非難を巻き起こした。

元記事


posted by 狭依彦 at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。