2012年11月09日 Tweet It!

ムトーワの誓い

クレド・ムトーワの誓い

credo_mutwa_01_20090731_1896463424.jpg

王たちは殺され、教皇は地獄に落とされようとしている。
大理石の石板の上には、殺されたプリンセスたちが横たわる。
星々を支配している獣たちへの青ざめた犠牲である。

空からは撃ち落とされた戦闘機、
炎のブライダル・ベールが長くたなびいている。
ミサイルが怒り狂い、赤く熱い大砲が吠えている.....

ほんの短い間だが、戦車が血にまみれた平原を支配する。
盗まれた王座の上には新しい鉄の独裁者.....
轟音で空を震わせて、独裁者の長距離砲が発射される。

アフリカの谷やコソボの雪の積もった平原で、
名もない兵士が、孤独に、誰にも知られることなく死んでゆく。
そして、病気、戦争、飢餓によって種族全体が滅ぶこともある。

人類を虜にするために、お金は牢獄に組み込まれ、
愛は死に、誰も同情を感じないようになった。
名前も知らない街では、嘘は真実となり、真実は嘘となる。

愛の無い人たちが歩く街では、
数えきれないほどの子供たちが飢えや虐待を知っている.....
残虐な力が最高のものと崇められる無数の家。

女性たちは血にまみれた奴隷となった。
愛、ヒーリング、尊敬は無縁のもの、
やさしく、心のこもった言葉は無縁のもの.....

キリストの磔刑の重い梁、我々が見ているすべての凶事は、
誰の罪ある肩が担わなければならないのだろうか?
トゲの傷は誰の震える背中が耐えなければならないのだろうか?

皆さん、そして私の地球へ、私は告げることがあります。
私たちが知っているすべての災禍とすべての苦痛については、
皆さんを夜の武器で攻撃することのできる嘘の織手、嘘の醸造人がいます。
それはフリーメーソンです。(※1)

どんな鎧でも、どんな盾でも守ることのできないもの。
それは、書かれた言葉で、彼らの毒を塗った剣であり、鋳掛のコイン、
彼らの間引きと、トウモロコシの収穫。(※2)

国々の殺人者、許されざるアフリカの敵、
おまえたちが何処へ行っても、私はおまえたちの足跡に呪いをかけてやる。
何処の洞窟にでも、糞溜めに隠れていてもだ。

私は、おまえたち全部を呪う、.....
天がおまえの目をつぶしてくれますように。
おまえたちが神とあがめるジャブロン(※3)に告げるがいい。
ノマブフヌの息子が、そなたの面前で背いていると。

私は、母の墓石の前で誓おう。
今この時から、命果てるときまで、おまえたちメーソンと戦うと。
お前たちの仲間とも、おもまえたちのご主人様ともだ。

私は光の剣をふりかざすのをやめないだろう。
おまえたち皆が今までやってきたこと、
そしてまだやっていないことに対して、
私は私の終わりの日までおまえたちと戦う.....

クレド

※1
For all the evil and all the pain we have known friends
my Earth this on Freemasons are there Weavers of lies, brewers of lies,
who can strike at people with weapons of the night

※2
against which no armour and no shield can prevail.
The written word is their poison-coated sword,
the tinkeling coin their cull and crop of maize ...

※3
Jabulon フリーメーソンの神
Nomabhunu 不明

クレド・ムトーワさんは90歳を越えているそうです。
※1、※2はうまく意味がとれなかったところです。
※1が特に問題で、重要な部分ですから、多分間違ってはいないと思いますが、ちょっと心配です。
Jabulon はフリーメーソンの神なのですが、私の辞書にもなく、インターネットの辞書にもありません。WIKIにはあるのですが、日本語版がありません。つまり、日本語情報の無い単語のようです。
結構重要そうな単語ですから、Googleなどでは外されている可能性があります。


posted by 狭依彦 at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレド・ムトーワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。