2012年11月21日 Tweet It!

シオニストのアパルトヘイド

世界はシオニストのアパルトヘイドにあまりに長い間耐え続けている

最近の殺人的攻撃が始められてから6日が経ったところで、ガザの死亡者数は110名を越え、負傷者数は1000人を上回っている。これは、「イスラエル」のガザの無実のものたちへのホロコーストでは、イスラエルのシオニストの支配者たちの残忍性を充分に満足させていないのだろう。

最大7万5千人の軍を投入しての地上攻撃への準備は、4年前のイスラエルによるガザでの大量虐殺の繰り返しになると恐れられている。4年前は、三週間の殺人乱痴気騒ぎの中で1400名以上のパレスチナ人が殺された。
そして、今のところ、犠牲者の大半が子供であり、子供たちの血にまみれた遺体が瓦礫の中から引っ張り出され、死体置き場に積み重ねられている。彼らの家々で子供たちに訪れた恐怖の時を、その当時に凍結された死体の無実の眼が語っている。

世界はどうしてこのような残酷なことを耐えられているのだろうか?
そうだ、世界の多数の人はこれを耐えてはいないだろう。
これらの残虐行為によって、人間性は恐怖におそわれ侵害されている。
世界中のあらゆるところで、市民社会と多くの政府は結集して、イスラエルの人間に対する犯罪を非難している。

元記事

私たちの国、ニッポンもその一つとなりたいものです。
死者数は現在では130名を超えています。イスラエルは5名。これはちゃんとNHKの昼のニュースで見ました。


posted by 狭依彦 at 21:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貴重な情報を訳してくださってありがとうございますm(__)m

おとといの外務省のHPの情報内容も、パレスチナのほんとうの現状を知ろうとしない日本人がもたらしてる部分も感じた一方、
「イスラエルを敵視するヒズボラは、イスラエルによって占領されているシェバ農場の返還を求めており、今後同係争地域を巡る【紛争が発生する可能性があります】」という言葉がかなり気になりました。
イランもどうするつもりなのか・・・。

Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2012年11月22日 11:49
イラン戦争と経済大崩壊、いつ起こっても(起こされても)不思議ではないと思いますが、なかなか起こりませんね。
ものごとが予言された日時に「起こる」とは思えませんが、やっぱりそのあたりに「起こされる」のでしょうか?
Posted by 狭依彦 at 2012年11月23日 07:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。