2006年12月29日 Tweet It!

クローン肉認可近し

クローンで作られた食糧が「市場に出回りそうだ」

(米) 米食品医薬品局は、クローンで作られた動物からとった乳や、動物の肉が食料品店の棚にならぶことを許可されるべだという公式的な提言を今週末に発表すると見られる。一方、今週末に発表される予定の意識調査によると、一般大衆はそのようなクローン食品を食べる気にはならないし、多くの人たちが食品医薬品局はそれらを市場に入れないようにしておくべきだと言っている。

アイク
食品医薬品局はイルミナティに支配されている組織であるので、大衆がどう考えているかについては何も関係ないのだ。

元記事


posted by 狭依彦 at 18:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | イルミナティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
関係ないですが、あのメディチ家は元製薬業者(メディシンの語源)だったらしいですね。その後金融業に転進したとのこと。
ロシュ社は綴りがロスチャイルドに似てますし。国際金融と製薬業は裏の繋がりがありそうです。
Posted by にーろく at 2006年12月29日 21:44
追記

メディチ家はペストの大流行で大儲けし、それを元手にして金融業で成功したそうです。

ロシュ、タミフル、これは偶然?
Posted by にーろく at 2006年12月29日 22:14
キャロル(矢沢)の曲に「にくいあの娘}というのもありました。

失礼しました・・・
Posted by こゆき at 2006年12月30日 01:02
>国際金融と製薬業は裏の繋がり
アイクもそのような事を書いているような気がします。
Posted by 狭依彦 at 2006年12月30日 10:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。