2012年12月10日 Tweet It!

モルゲロン病

モルゲロン病が人工のものであるという証拠!

ホラー映画を見たことがある人なら、たぶん人が虫やミミズに全身をたかられる場面を見たことがあるでしょう。
被害者の皮膚が動きはじめて波うち、皮膚の表面の下で暗い影がもぞもぞしている。
そして、突然、皮膚がはじけて口を開け、虫のコロニーが逃げ出そうとしている。
これはモルゲロン病の誇張表現ではありますが、そんなにも行き過ぎではないでしょう。

今では10年以上を経過していると思いますが、グリーンランドを除くすべての大陸で数千人の人々が今でも医学会から理解されていないミステリアスな病気に罹っています。
モルゲロンは論争、矛盾、政治と関わっており、世界のネット上では、大きな「陰謀論」になっています。

モルゲロン病の被害者は、虫、ミミズまたは時には蟻が皮膚直下を這いまわっているような感覚に襲われている。ひどく痛むし、針に刺されている感覚があると言う。
出血し化膿するような皮膚の損傷が進展し、傷を覆い治癒を妨げる、ある種のフイルムを分泌する。
しかし、最も奇妙なことは、見た目がフワフワした綿毛のような奇妙なもので、皮膚の表面で形づくられたり、皮膚の内側で成長するように見える着色されたより糸のように見える。

元記事


posted by 狭依彦 at 23:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | ケム・トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケムが原因の可能性ありでしょうかね?
もしそうだとしたら、なぜ罹る人とそうでない人がいるのでしょう?
免疫力の差かな・・・?

Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2012年12月11日 08:26
モルゲロンの繊維は、元記事にもありますが、何か「うさんくさい」ような気がしています。
罹った人の手とかは、病気のようなするのですが、繊維は「?」
繊維だけ見ていると「免疫」とは関係ないような気がしてきます・・・・・・
Posted by 狭依彦 at 2012年12月11日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。