2012年12月13日 Tweet It!

フィリピン台風で900名死亡

フィリピンの台風死者900人以上

2012年最大の台風によって、少なくとも902名の死者が出た。死者はミンダナオ島が大部分であり、12月4日に洪水と地すべりによって2000近い村が大きな被害を受けたという。

火曜日、国家災害リスク減少と管理委員会によると、負傷者の数も2,660人以上に増加したという。
フィリピン農務省によると、18の県で26,000ヘクタールの穀物が台風によって被害を受けているという。

元記事

この時期は台風発生場所の近くのフィリピンが被害を受けるのでしょうか?
それにしても、今年の台風は発生箇所近くでは強力なものが多かったのではないでしょうか。幸いにも日本近辺では力が弱くなっていたように思いますが・・・・・・
posted by 狭依彦 at 22:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
情報ありがとうございますm(__)m

最近のフィリピンの情報、日本では「北朝鮮のミサイルがフィリピン沖に落下」以外ほとんど聞かなかったような気がしていたので、台風の被害はどうなっていたのかとても心配でした・・・。

Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2012年12月14日 08:38
記事を見る限り、ひどいことになっていそうですね。
気候操作と台風の関係がある、と言っても、「おまえバカか」とは言えない状況ではないでしょうか?バカかという人のほうが、想像力が欠如していると思いますね。
Posted by 狭依彦 at 2012年12月14日 20:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。