2012年12月20日 Tweet It!

ロックフェラーと銃規制

ジェイ・ロックフェラー上院議員が銃規制と向精神薬の拡大を求める

ロックフェラー家は昔から大きな銃規制の支援者であった。その理由は、彼らは金融システムの操作や、土地、原油、金、ダイヤモンドなどの自然資源の支配を通して政治家に資金提供を行い、影響を与えている、数えるばかりの一族の一つであるからだ。

彼らは、政治体制を使って人類をさらに奴隷化しようと企む貴族クラブに属している。政治体制は、そのようにデザインされている、彼らは心の鳥かごを作り出している。

ロックフェラー家の歴史と銃規制の本質に詳しい人なら、このことは驚くべきことではないだろう。
しかし、ロックフェラーは最近乗員で、最近の銃乱射事件を銃規制を押し付ける口実として使ったような演説を行った。

さらに、ロックフェラーは、国が裁定し税金でまかなわれるメンタル・ヘルスのシステムにもっと人間を参加させる必要があると論じた。このメンタル・ヘルスのシステムには、多くの暴力犯罪で大きな役割を果たしていることで知られている、危険な向精神薬の配布までも疑いなく含まれている。

元記事

久しぶりにロックフェラーの名前を書いたように思います。
こんな話ですと、日本では「非常に良いお金持ち」としてキャンペーンでもやられるのではないでしょうか?

最近、私がロックフェラーの名前を見たのが、アンリ・ルソーの絵を寄付した一族としてです。


この絵


posted by 狭依彦 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。