2007年01月16日 Tweet It!

ナチス収容所の性奴隷

新規の展示が強制収容所での強制的売春のドキュメントとなっている

ドイツの新規の展示が、ナチスの強制収用所の歴史の中で、特に下劣な行為の1ページを暴露している。それは、男性の奴隷労働者のための売春婦として女性の囚人を強制的に働かせたということだ。ドイツの新たな展示は長い間タブーとされてきた問題を表立てた。第二次世界大戦当時に、生産意欲を起こさせるために、強制収容所の女性囚人に男性奴隷(囚人)に対して、セックスの奉仕を提供させた。

元記事

これは、知らなかったですね。アイクのヘッドラインでしか日本人はこんな情報は得られないのでは。日本では「不適切」な情報として色分けされるのでは……
どこかに、あったりしたら、教えてくださいね


posted by 狭依彦 at 22:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 近現代史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
旧日本軍でもあったような?、慰安婦いなかったという吉田発言というの朝日新聞であったという、戦時中から生きている人ヘイタイサンだった人誰も口開かない、なぜなら並んでた組みだから、 
                   石垣島の川平という村にかなしい物語残る、べっぴんさんの韓国人が慰安婦で好きな人でき最後自殺してしまうが、これを物語にしようとある作家が調査しに言ったが、村の人は覚えてないという?、だれも口を開かないかなしい物語、

見てみたが「ヘブライの館」というとこにダッハウ強制収容所というの最初らしいですね、[English News ]というとこにナチス関係が。
Posted by chuji at 2007年01月17日 13:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。