2007年01月18日 Tweet It!

ヒンズーとスワスティカ

ヒンズー教徒がEUのカギ十字禁止に反対

ヨーロッパのヒンズー教に起源をもつヒンズーの象徴をナチスはハイジャックした。ヒンズーの指導者によると、彼らはカギ十字を全土で禁止するというドイツのEUに対する提案に対して、力を合わせて反対するという。英国のヒンズーフォーラムのRamesh Kallidaiは、カギ十字は、ナチスが採用するまでは、何千年にもわたって平和の象徴であったと言う。

元記事

カギ十字がアーリア人のシンボルであったということですね。どこかで聞いたことがありますが、たぶんアイクの『大いなる陰謀』だったでしょうか。
とにかく、ナチスがアーリアのシンボルを採用したということは記憶にとどめておく必要があるでしょう。


posted by 狭依彦 at 20:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | 超古代史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アイクの「竜であり蛇であるわれらが神々」や「大いなる秘密」を読んでいると、ふと”アーリア人”のことで最近気づいたことがあります。                       それは、レプ系や”太陽”の象徴の1つといわれる”ライオン”のことです。例えば、   悪魔的宇宙人レプは、ドラゴンなど                                天使的宇宙人ノルディック(火星やアルデバランなどの純白人種?)は、ユニコーンなど                                                    そして、アーリア人はそのレプとノルディックのあいのこ。                    であれば、もしかしたらライオンとはアーリア人、つまり”ドラゴンとユニコーンのあいのこ”という意味なのではないでしょうか?                             げんに”ミカエルなどに倒されるドラゴン”や”ホルスに殺されるセト(ワニ)などにくらべて、例えば”トールの絵などに見られる(フリギアの象徴である)ライオン”は、手なづけられてこそいるけど、決して倒されたり殺されたりされてはいないような...。             日本の天皇家の紋章や王冠、雄牛(ノルディック?)のオノを使って王冠を奪うためにライオンと戦うペルシアの神話など、確かに例外もあるでしょうが、少なくとも、ロンドンシティのユニコーンと対峙している紋章などでは、ユニコーンを鎖につないで、ライオンの優位さが象徴されているはず。                                     つまりライオンとは、ノルディックの血統を利用して優位にたった、あくまでも”レプのためだけの混血”なのではないでしょうか...?
Posted by コナン・ザ・グレート at 2008年02月15日 13:01
余談ですが、野生ではライオンと決してまみえることのない”虎”って、それほど爬虫類やライオンなどのように、イルのシンボルになっている気もしないですし、よく龍の”敵”やライバルとして描かれますよね...。                           そして、確かインドあたりの伝説では、今天敵がいないといわれる象は、実は竜に捕食されたり戦ったりしていたとか...。                                 そういう意味では、クジラもかつては竜のような天敵がいたのかもしれません...。   恐竜に関しても、最近ティラノサウルスの系統は鳥に進化したという説もききますし、それこそアイクが説いていた2足走行になった恐竜人の可能性にしてもそうですが、我々っていったい人間以外の生物に関して、どれだけ知っているのでしょうか...。      レプに対してもそうですが、我々は例え何かを目の当たりにしても、信じないとか疑うというよりも、常に”色んな可能性”を考えて、それを受け入れるように、あらゆるものも、そして自分自身にも、色んな可能性というものを常に持っているべきなのかもしれません...。
Posted by コナン・ザ・グレート at 2008年02月15日 13:25
虎で思い出すのは、江戸時代の虎の絵。円山応挙など、虎を見たことがないのに書いているらしいので、不思議な雰囲気です。
それらの虎って、竜除けになるかも。
Posted by 狭依彦 at 2008年02月15日 21:35
僕の家は虎の目石で、作った数珠を使ってます。
魔除け、退魔、破邪、見抜くみたいな意味があると聞いてます。
日本の曹洞宗限定かもしれないですけど。
ズレたこと言ってたらすみません。
Posted by レプティリアンまにあ at 2009年02月27日 18:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。