2007年01月26日 Tweet It!

ピラミッド碑文と蛇

初期のユダヤ人の文書を解読すると、蛇と魔法の話が現れた。エルサレムのヘブライ大学が月曜日に発表したところでは、魔法と蛇を扱っている5000年前のユダヤの文書、古代エジプトのピラミッドの碑文から解読された。

この文書は、最初はBC24世紀のエジプトのピラミッドから見つかったが、ニューヨークのイエシバ大学のユダヤ言語の教授Richard Steinerがヘブライ大学で行ったプレゼンテーションを行ったところでは、これは現在までに解読されたまとまったユダヤ文書のものでは最も古いものだという。この文章は、象形文字で書かれている蛇の魔法で、紀元前25世紀から30世紀の間に書かれたものだと推定されている。

元記事

Semitic textをユダヤ人の文書と訳しています。調べる時間がありませんが、ユダヤ人がエジプトに囚われていた時の話でしょうか?私のあやしい記憶では、ちょっと時代が違うように思うのですが、詳しい方、ヘルプお願いします。


posted by 狭依彦 at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 超古代史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。