2007年02月26日 Tweet It!

キリストの墓

「キリストが見つかった」神様、本当?

Da Vinci Codeが言っている「キリストには子供があった」という話を一歩進めようと試みているのがCameronだ。以前に、A-Oはダビンチ・コードとテンプル騎士団についてのレポートを書き、これらのプロジェクトは、色づけられた試みで、将来、キリストの「生、死、復活」バイブルの話とクリスチャニティの信用をおとしめるための基盤になりえると予測している。このA-Oの予言は、一週間以内に明らかになるだろう。

来週の月曜日には、記者会見が行われ、ナザレのキリストと家族の墓が発見されたという記者会見が行われる。これは、世界を揺るがすような歴史的なものである。

元記事  機械翻訳

ここで言う、一週間以内とか来週の月曜日というのは、元記事にある番組が放送された日を指しているのだと思います。
良く分からないけど、元記事サイトは、TV番組の紹介で、キリストの墓の画像もあります。
ちなみに、機械翻訳の「helvetica,sans-serif」というのは、フォントの名前で話とは全く関係ありません。


posted by 狭依彦 at 21:44 | Comment(19) | TrackBack(0) | 超古代史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界は決して揺るがない。
http://www.voynich.com/rennes/index.html
Posted by tatsujin at 2007年02月26日 23:33
個性派Tatujinさんはフランスで外人部隊にいらっしゃったんですか?、マルセイエーズ歌っていたのかしら。

陰謀知り改めて仏国見ると聖と悪の二本立てですね?、90年代初め住んでたがその当時日本人は今のようには多くなかったような?、観光で夏知り合いがカタコンプに付き合えといわれ気味わるいんで用事つくって、あれ霊ラインに儀式でしょ、よく考えると石切り場だった跡、で教会と魔術混合した世界パリ、

でも南仏はマリアですね、聖地のルールドたまたま行ったあそこもマリア、
我カトリック小学校だったんでキリスト違和感なかった親は信仰なくたまたま家が近く、シスターアンジェやらガブリエラからファティマ予言や道徳にキリスト話聞いた、黙示録もきいたっけな?、

でこの小学校約50年ぐらい石垣島にあるんじゃないかなバチカンカトリックと直結していて、今度シスターに聞いてみようルシファルの話、

大昔なめネコじゃないけど田舎でクリームソーダというもの流行る=スカルボーンのマーク、田舎の兄ちゃんやら沢山お下がりもらい鞄なんかもキーホルダーさげ、今でも覚えてるペトロ神父という人いてこれ見て彼ヨーロッパ人でラテン語でミサするような人でキーホルダー引きちぎられびんたされ「あなたの心の中には悪魔がすんでいます」といわれ散々聖水かけられ授業出されなく(虐待や)お御堂でペトロ神父と祈らされる(笑)、我仏国でキリストに違和感なかったやろか?、

でも今考えるとバチカンに繋がる我が小学校はベッテルハイムから続くアジェンダつずけているのかな?、機会あればシスタールチア仲村に青森の新郷村のキリスト墓の話してみよう、                

今度は聖水じゃなく石投げられるか?。





Posted by chuji at 2007年02月27日 16:55
Chujiさま
マルセイェーズではなく,君が代詠っていました。20年にわたるフランスとの付き合いでわかったことは,シオン修道院はダビデ家のもので,メロビング家がまたダビデ王家の血統を受け継ぐ,ユダヤの子孫であること。フランス革命はユダヤの仕掛けた革命であること。
あとフランス人の膀胱はでかい。これくらいですかね(爆)

追伸:青森の墓はキリストの兄のイスキリでイスキリ文字で書かれているとか?とんでも神宮にはあるそうです。
Posted by tatsujin at 2007年02月27日 20:29
Posted by tatsujin at 2007年02月27日 20:39
>観光で夏知り合いがカタコンプに付き合えといわれ気味わるいんで用事つくって、あれ霊ラインに儀式でしょ、よく考えると石切り場だった跡、で教会と魔術混合した世界パリ、

日本語おかしくないですか?
Posted by 匿名 at 2007年02月27日 21:11
このサイトのコメントは日本語おかしくしてもらっているのです。
Google検索に引っかかるといやでしょう!
Posted by 狭依彦 at 2007年02月27日 21:13
過去に放送されたのではなく、3月2日に放送されるそうです。
http://hamoblo.com/kqawa/index.php?type=1&entryId=332
Posted by 狭依彦 at 2007年02月27日 21:57
tetujinさんはほんとに面白い方だ、

フランス人の膀胱はテルトル広場やブキニストたちの素行みればわかりますかね?、午前中からパスティスや、レフプレッション、ガボガボ(レフのビール)でしたね、  


イスキリ文字というの面白い、あれっ貼り付けのキリストは弟じゃなかった?、どうでもいいか。

最近、方言発音に興味ありまして琉球の字源の由来を調べていますが面白いサイト見つけた、真意は定かではないが、その中に「流された王、その王を求める」という意とある、 で2Dとも関係してんのかこのひと日本や沖縄はセム系ユダと書いてある、でローマの地でユダヤ人が囚われていた地はリュキヤという地らしい、でもこの発音面白い。

貼り付けできません、

                   「不思議沖縄(沖縄の人は何処から来たのか)」の中のカテゴリー(沖縄の人〜 )


リュウキュウにもこのような方いるんですねー(喜び)。
Posted by chuji at 2007年02月28日 14:02
ついでにイスキリ文字のお話はここ。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/315.html
Posted by tatsujin at 2007年03月01日 04:09
狭依彦さんこんにちは。
3月2日ではなく3月4日にアメリカのディスカバリーchで放送予定だそうです。↓

http://dsc.discovery.com/convergence/tomb/about/about.html

日本では翻訳の関係もあって、同じ日には放送しないみたいですねぇ。
はやく見たいものです。
Posted by K.Qawa at 2007年03月01日 10:58
これかな?

「不思議沖縄(沖縄の人は何処から来たのか)」
http://ukon.ti-da.net/c47821.html
Posted by まゆみ at 2007年03月01日 12:45
7月2日のブログ「沖縄の歴史、ぶっとび解釈」で
琉球最初の王、天孫氏は、朝鮮からの渡来人。
ソウル(ソ・フル)が転訛して首里に。
沖縄の3山と朝鮮半島の三韓の相似(過去の歴史を繰り返す)
などを書きましたが、
一昨日、友人がこんなものを探してきました。

【韓国】「沖縄は韓国人が開拓した国」〜新羅・于山国が沖繩を670年間支配していた
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1172120974/
Posted by まゆみ at 2007年03月01日 13:01
まゆみさんへ、面白い情報です、南朝、北朝はぼく理解してませんが、確かに遺跡に高麗沢山ある、高麗の陶工が琉球の焼き物指導したともある、高麗と深く関わる興味深いです、ぼくは最近本島と八重山はまったく違う文化と見ていて、ウガンジュの見立て方は本島とわ違う、恐らく元を辿れば違う民族と思っています、

八重山には石底山(山底山)はもうなくなりましたが、ここは4つの村の発祥地、でユンタ(古謡)がありこれにぼくは深い伝えを玉カバス(思い込める)したんじゃないか、その石底山には先住民がいたと伝える、そして渡来した民と殺戮をしたとある、沖縄にも湊川人がいましたが恐らくこの弥生系に抹殺されたと見たら解りやすい、

で八重山ですが波照間島は古い歴史あり、オヤケアカハチという革命者がいた、最近韓国の学者がアカハチ=韓国の英雄ホンギルトン同一説、をいっていて、ぼくはまったくの眉唾、なぜなら外間守善という法政大元教授が裏にいつこと臭いする、この人角川書店と深い繋がりある、国史揺るがす説は覆い、逆に次の代になったらへんな神秘にはしりムー大陸などアヤシカーな動きする、今は沖縄の歴史正統派は外間守善氏に軌道させられている、要するに彼はあちら側とぼく見ている、

まゆみさんのアンタレッサンです、

最近星に興味があります、狭さんへ、  琉の玉、球の玉にあるサワラの港これ今僕の中でキファ湾=川平湾、ここ大昔から天然の港(ユンタにある)

その川平村のオン(御嶽)は星座に関連してそうで、キファはアラビア語で皿を意味するという、ムルカオン、キファオンと続くので探求してますが・・・・。

キリさんからへんな話になりました、でもある霊能者が大昔の琉球大陸の近くにモーゼもきたという、とんでも話でお許しを。
Posted by おほほ at 2007年03月01日 14:52
再:狭さんへサワラ=砂原で砂、もしよかったら見てください、 
 
「渡来人研究会」の日本古代史版、26さんの東国原から展開中でどうなることやら・・・おほほほ、
Posted by at 2007年03月01日 14:56

chujiさん

以下、今、私のブログにもコメントしたものです。先日の「マユンガナシィ」について、先日と今日、同じ友人から届いたマユンガナシィについてのメールを添付します。

『マユンガナシィについて:沖縄本当ではガナシィは敬称として使われているようです。例えば地方を治める安司(アジ)という役職に対してアジガナシィまたはアジジャナシィという使われかたを聞いたことがあります。王に対してはウシュジャナシィだったと思います。ウシュ=御主。マユンガナシイ=まゆ様になっちゃうね。

日本からみれば沖縄ではオ→ウ イ→ウィ又はンイやエ→イ等の音の変換があります。マユンのンはユからガを発音しやすくするための物と思われます。マユ様・・・一体なんでしょう? 】


『ガナシィはやはり悲しいからきているようです。しかし古語の悲しいなので意味としては、愛しい、かわいらしいという事になります。』
Posted by まゆみ at 2007年03月01日 15:18
「 The Lost Tomb of Jesus 」失われたイエスの墓〜ディスカバリーチャンネル予告編
http://www.youtube.com/watch?v=HPNOKiWTouI

う〜早く見たいmmmmm -人- 南無〜
Posted by ニャオ at 2007年03月01日 16:05
この記事にアイクの解説がついていて、訳していなかったのですが、アイクはキリスト存在否定です。太陽神信仰の人たちがでっちあげたようなことを言っています。『大いなる秘密』でも、そのようなことを言っていますね。

沖縄方面の話は面白いですね。このサイトでしか読めない情報、てなことになると、もっと面白いですね。
Posted by 狭依彦 at 2007年03月01日 20:22
最近オルタナさんばかりですが
これは興味深いです↓
http://alternativereport.seesaa.net/article/43564827.html
先ず上記の記事を読み
続いてこれ↓
http://alternativereport.seesaa.net/article/43565005.html
Posted by こゆき at 2007年06月01日 19:21
>シャーマニズム、キリスト教、天皇制、市場経済に共通する
暴力のメカニズム

アイクさんの言っていることから考えると面白いですね。
この人は真実をついているかもしれない。
最近、アイクさんの2006年のラジオインタビューを聞いていますが、
バビロンの教会=>アリストテレス(ギリシャ)=>ローマ帝国=>ローマ教会と血の系統(ブラッドライン)は続いているようですね。
Posted by 狭依彦 at 2007年06月01日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。