2013年04月04日 Tweet It!

シリア、セックス・ジハド

イスラムの聖職者がシリアの女性に対するレイプを認めるFatwaを出した

アメリカが支援しているFSA反政府勢力が「セックスジハド」の一環として、シリアでスンニ派以外の女性をレイプすることを認めるFatwaを公に発表したイスラムの聖職者がある。「セックスジハド」では反アサド武装勢力の兵士の欲求を満たすために、シリアに14歳までの少女を輸送しているようだ。

シリアのダマスカスに17年間暮らしている、ヨルダン生まれのSalafi Sheikh Yasir al-‘Ajlawniは先週YouTubeにビデオを投稿し、そこで、世俗の大統領であるバシャール・アサドを打ち倒すために戦っているイスラム教徒たちに(イスラムの見地からは)合法とし、すべてのスンニ派でない女性−特にアサドの宗派のAlawites(アラウィー派の人)、Druze、その他、基本的にはスンニ派でない人々、イスラムでない人々−を「捕まえセックスをする」Sharia法を施行する「合法的なfatwa」を発行する準備をしていると語っている。

※Fatwa 認識された権威によって与えられるイスラム法の点における判決

元記事

元記事はアレックス・ジョーンズです。
この記事、本当なんですかね?
シリアをめぐる情勢は、「民主主義と独裁者の戦い」と「教育されて」いますが、私は英語の記事を読んでいて「そうではない」と感じていますし、ちょっと調べるとイスラム内部の宗派の争いでもあり、非常に難しく理解しがたいですね。
posted by 狭依彦 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353970799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。