2013年05月13日 Tweet It!

グラクソ・スミスクライン

グラクソ・スミスクライン(英国の製薬会社)と力を合わせて子供たちを守ろう

国際的慈善団体のSave the Childrenは多国籍薬品企業とパートナー関係を始めた。これは、この二者が百万人の子供たちの命を救うために計画したと主張しているが、実際には賛否両論ある活動である。

10年前には、Save the Childrenは他の発展しつつある組織と同じように、グラクソ・スミスクライン社のエイズ薬が発展途上国にとって高額を請求しているとして、同社をこきおろしていた。グラクソ・スミスクライン社は世界最大の薬品会社である。

火曜日のケニアでのこの二つの組織による決断により、薬品会社はSave the Childrenに研究開発委員の席を与え、世界で最も貧しい国々に新製品を広告することになる。
また、グラクソ・スミスクライン社は薬品を配布し、ワクチンを接種することになる医療従事者をより多く訓練する計画にも資金を提供することになる。

元記事

訳した後で思うのですが、たいした記事ではなかったかも知れませんね。
posted by 狭依彦 at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。