2013年05月14日 Tweet It!

以で反緊縮政策デモ

イスラエルで緊縮政策に対して大衆デモ

国の新規予算で税金引き上げと支出カットの案が出されているが、テルアビブや他の都市で、土曜日、それに反対するデモがあり、12000人以上のイスラエル国民が参加した。
しかし、最近のイスラエルの社会的正義抗議運動は続いてゆくのだろうか?
土曜日のデモでの怒りがその答えで、運動が継続し、増大することを示しているのではないだろうか。

中心となったデモはRothschild Boulevard(ロスチャイルド大通り)から始まった。ここは2011年にも運動が起こった場所で、今回のものはさらに大きい。

一方、Ramat Ganではデモ隊が警察と衝突して、1名が逮捕されたが、活動家によって取り返された。
HaifaではYesh Atid党の支部のガラスが割られた。

緊縮政策は、すべての勤労者の増税、子供支援援助金のカット、公務員の給与手当ての凍結、フルーツや野菜に新規税をかけるなどである。
このデモでは、イスラエル海岸沖合で見つかった天然ガスを、外国に売るのではなく、国内で使用することも求められている。

元記事

イスラエル国内のニュースというのは、ほとんど流れてきませんね。


posted by 狭依彦 at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。