2013年07月18日 Tweet It!

HAARP一部休止

問題となっているアラスカのHAARP施設が停止

High-Frequency Active Auroral Research Program (HAARP)は地球の電離層に熱を加え、その効果を研究する目的のアンテナの集合体であるが、アラスカのGakonaに据え付けられてから、何年にも渡って陰謀論の一部を占めていた。
HAARPを2011年の日本の地震から、マインド・コントロール、ハリケーンなどのすべてのことに関連付ける非主流の人たちもあった。

しかし、来るべき数週間もしくは数ヶ月に大きな地震や世界的な異常気象が起こらないならば、HAARPに目をつけている人たちはある種の説明をするだろう。HAARPの施設は明らかに6月から停止されているからだ。施設を運用する請負業者が変わるのを待つ間、電源が切られているのだ。また、施設は現在無人であるという。
インターネットのサイトも閉鎖されているのが確認されている。

しかし、この停止はあくまでも一時的なもののようだ。

以前は施設運用はKaktovik Inupiat社とMarsh Creek社によって行われていたが、運用契約はアラスカ地元のAhtna社に移る話し合いがされているという報道がある。

元記事

確かに、6月以降、気象に関する大きな出来事が無いような気がしますが・・・・・・
posted by 狭依彦 at 23:22 | Comment(5) | TrackBack(0) | 環境・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>来るべき数週間もしくは数ヶ月に大きな地震や世界的な異常気象が起こらないならば、HAARPに目をつけている人たちはある種の説明をするだろう。

「偏西風の蛇行」あたりどうなのでしょう?
こちらは、最近ほんとうに涼しいです。冷房はおろか扇風機すらいらないほど。
同じ日本でも、関東あたりから南の方は連日30度超えてると聞きますが・・・。

ところで今朝のこちらでのNHKのニュース、アナウンサーの後ろの空の映像に
遠かったですがケムトレイル散布らしきものが実況生中継されてました。
「知らない」で放送していたのかどうかはわかりませんが、見てる者もテレビ局の人間もどれほど気づいてるものなのか・・・。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2013年07月19日 12:47
狭依彦さん、前回の記事 さっそく転載させて もらいました!ありがとうございます! m(_ _)m

ちまたで ハープが停止した!って言ってましたが やはり そうでしたか?…
でも、アラスカのハープ職員は一時的な『非難 』に感じますね…。 因みに アラスカにはアメリカ軍のハープ施設とまったく所有者が違う 施設が有りますよね… どこの国だったかな〜?

*これの記事も 転載 させてください!(笑)

Posted by 青森の狸 at 2013年07月19日 19:42
アラスカが停止しても、異常気象に
あまり関係ないような気がします。

可動式のハープを、
米軍はすでに持っていますから。

HAARP Tesla Weapon Platform SBX-1

http://www.youtube.com/watch?v=JqhME0dD5Ds
Posted by 龍の残党 at 2013年07月19日 22:32
>見てる者もテレビ局の人間もどれほど気づいてるものなのか

私はケイオンでケムが描かれているのにはショックでした。(映画も含めて、ほぼ全編見て、どこか忘れてしまったのですが、1回だったか2回だったかありました)
知っててやっているのかも知れませんが、ホント、どうして皆さん、気づかないのでしょうね。
Posted by 狭依彦 at 2013年07月20日 00:38
私の場合は、HAARPについては、英語の記事ばかりで知っているので、すぐ抜けてしまうので、よく分からない状態です。

異常気象というと、どうしても、お空の雲=ケムが関係しているようなイメージです。
最近の、お空の雲、ケムの率が多いですね。
Posted by 狭依彦 at 2013年07月20日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。