2013年07月22日 Tweet It!

ホーム・スクーリングの力

十人のホームスクーリングの子供たちを全部12歳までに大学に入れる家族

article-2311690.jpg

アラバマのある家族が子供たち6人を12歳になるまでに大学に行かせているが、残りの4人の子供たちも、それより早く、10歳かそれ以下で大学に入れようと計画している。

その家族であるハーディング家の子供たちは、自分たちは天才ではないと主張している。彼らは、自分たちの成果は、自分たちの情熱に集中力を発揮したことと、ホーム・スクーリングによるものであるとしている。子供たちは、小さな頃から両親に家庭で教育してきた。

これらのハーディング一家の大学既卒者は、医者、建築家、宇宙船の設計者、博士課程の学生となっている。
残りの2名は、12歳と14歳であるが、まだ学位の仕上げをしているところだ。

一家の最初の大学入学者であるハナは、現在24歳。12歳で大学に入学し、数学と機械工学の博士号を取り、22歳までに宇宙船の設計に携わっている。
彼女は17歳のときに試験に合格し、Auburn University Montgomeryの最年少の卒業生となり、数学の理学士号を得ている。

両親は自分たちは普通の家庭であるが、小さい頃に子供たちの情熱を発見して、それを徐々に育てただけだと言っている。

元記事

真偽については責任持てません。アメリカでも「学校に行かせない」ことに対するプレッシャーが高まっているはずです。


posted by 狭依彦 at 21:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | 子供・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>アメリカでも「学校に行かせない」ことに対するプレッシャーが高まっているはず

確かにそういう意味ではこの記事の真偽はわかりませんが、でもおもしろい情報でした。
いずれも、その子達は小学校にさえ行ってないんでしょうかね?

そういえばエジソンあたりも小学校は中退だったみたいでしたが、wikiあたりチェックしてみるとあの人も色々ありそうですね。

Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2013年07月24日 08:25
(1) 年齢要件
 年齢による入学制限はない。
(2) 学力要件
 基準以上入学型又は競争型の入学方式をとる大学では、高校での特定の科目(特に英語、数学等の主要な科目)の履修及び一定水準以上の学業成績(通常は、A、B、C、D、Fの5段階評価のうちC以上)を入学要件としている場合が多い。
学力適正テスト(SAT T又はACT。大学がテストを指定している場合や、どちらを受験しても良い場合がある。)

ということですから、小学校に行っていたら、勉強する「ひま」がないはずですね。

Posted by 狭依彦 at 2013年07月24日 22:17
ありがとうございます。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2013年07月25日 08:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。