2013年07月27日 Tweet It!

英国のアメリカ先住民に対するシオニズム

忘れないように−英国のアメリカ先住民に対するシオニズム

北アメリカに落ち着き、土地を主要な特徴としていたピューリタンとして知られる英国の革命派は、大西洋を商売のために、また、自分たちの信仰を自由に実践するために、大西洋を渡ったのではない。

ヘブライ人の宗教テキストで鼓舞された新たな入植者は、新大陸アメリカを「世界の終わり」が実体化する場所とは考えていなかった。
ジョン・スミスは1607年にJamestownに最初の永久コロニーを打ち立てた。が、50年後に18の独立したグループに資金を出している8万人の英国の入植者が続いた。この18のグループは、おのおの、自分の植民地への完全な支配権を享受していた。
しかし、これらの前半グループはヘブライのアイデンティティを持ち、「選ばれた人々」という肩書きを持っていった。そして、ヘブライ語を学ぶにも良かったのでは?ヘブライ語を神聖化して、モーゼ法の適用を求めたり、法の裏に隠れたことを、「カナンの土地」「ニュー・イスラエル」、「シオン」や約束された土地、また、現今パレスチナを指定するために、シオニストが使うその他の特性の管轄下に入った。
これらのグループは先住民を絶滅するのに特別の喜びを感じたし、犠牲者たちにカナンのユダヤ人というイメージを持っていた。

元記事

なんか後半が分かりにくい訳ですね


posted by 狭依彦 at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。