2013年08月03日 Tweet It!

カザフスタンの巨大ペンタグラム

悪魔はここで何をしているのか?
カザフスタンの巨大ペンタグラムがGoogle Earthで見られる



大きな地図で見る

カザフスタンの辺境の地に、湖と隣り合った土地に刻まれた巨大なペンタグラム、それがGoogle Earthに現れて依頼、陰謀論者に動揺が広がっている。
この5点の星のシンボルは直径が366メーターあり、カザフスタンの北部のトボル川上流貯水池の南岸にある。

ペンタグラムは通常悪魔崇拝と関係付けられている。しかし、neopaganism(復興異教主義)やギリシャのピタゴラス数学の信奉者や、バハイの宗教、中国の道教などでも使われている。

元記事

GOOGLEの画像を見ますと「冗談」のように見えますが、さてさて、どうでしょうか。
上の航空写真を地図モードにして、最高倍率にすると、ペンタグラムのなかに、adam(アダム)という地名と、human flesh bbq(意味は自分で調べてね)というお店があります。

なお、ペンタグラムは日本でもありますね。陰陽師ですから、良い役でしょうか?

アダムは、私は、最初にDNA操作で作られた人類だと思います。
コーカサス地方で作られたと思いますが、このあたりも、候補地であっても不思議ではないですね。

そう言えば、アイクさんのサイトが危険詐欺サイトに分類されているセキュリティ・ソフトがありました。
私のサイトは、大丈夫でしょうか?


posted by 狭依彦 at 18:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カザフスタンは悪魔主義の巣窟ですか?
首都アスタナの風景はもう、これは意味が分かったら発狂モノです。陰謀に免疫をつけておいたほうがいいです。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/poppyoil/diary2011/d-2011-11-03b.html

人肉は、今年イギリスでも何らかのイベントに沿ってそういうデモンストレーションをしていましたね。
カザフスタンはロシアに近いですから、いい人と噂のプーチン氏の肖像にえもいわれぬ薄気味悪い影を投げかけるようです。
Posted by kiri at 2013年09月27日 14:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。