2013年08月06日 Tweet It!

Birthright Israel

イスラエル移住にDNA検査

イスラエルに移住を望んでいる元ソ連の人で、自分がユダヤ出身であることを証明するために、DNAテストの対象になる人があるかも知れない。日曜日にイスラエル内閣府が発表した。

この政策については、元ソ連出身の19歳の女性が、Birthright Israel trip運動のための資格を得るための検査を要求されたとイスラエルの新聞が報じている。
Birthrightとは、教育目的でイスラエルを訪れたことのない18歳から26歳のユダヤ人の若者に、10日間の無料旅行が与えられる活動である。

イスラエル内閣府は、ユダヤ人として移住を認められるためには、FSU(元ソ連)出身で婚外子であるユダヤ人の多くが、ユダヤ血統であるDNAの確認を要求されることがあるという。

ロシア語を話す婚外子の子供は3歳までに登録されればイスラエルの移住ビザを受けることができ、さもなければユダヤ人の親を持つことを証明するためのDNAテストが必要であるという。

元記事

最初、ん!?ユダヤ人の遺伝子があるのかと、一瞬、思ってしまいましたが、たぶん、ユダヤ人である親と血が繋がっているかを調べる検査であると思います。(下に書いていますが、遺伝的特徴はあるようですね。でも、全部の人に該当するものではないようです)
ここで問題となっているのは、結婚に基づかないで生まれた子供のこと。たぶん、結婚した両親から生まれた子供は最初から権利があるのでしょう。
イスラエルでは帰還法というのがあり、ユダヤ人のイスラエル帰還が保証されていますが、その法律の精神とは、少し違った動きのようです。


WIKIでアシュケナジムを調べました
いくつかの顕著な遺伝的特徴が見られるが、これはユダヤ人全体ではなくアシュケナジムに限った特徴であり、セファルディムには見られない。[要出典]

まれな遺伝病であるテイ=サックス病とゴーシェ病の罹患率が高く、一般的ヨーロッパ人の約100倍に達する。また、ニーマン=ピック病(特にA型)の羅患率も高い。

高い知能を示す傾向がある[独自研究?][3]。ノーベル賞など著名な科学賞の受賞者には人口比からは考えられないほどのアシュケナジムがいるが、おそらくこれも要因の一つとされる。[独自研究?]

文化人類学者のグレゴリー・コクラン、ジェイソン・ハーディー、ヘンリー・ハーペンディングは、次のような仮説を提唱している。アシュケナジムは神経細胞に蓄えられているスフィンゴ脂質という物質が関与する病気に罹りやすい。スフィンゴ脂質が関与する病気には、テイ=サックス病、ニーマン=ピック病、ゴーシェ病などがある。通常、スフィンゴ脂質が多すぎると、死に至るか、少なくとも生殖不可能な深刻な病気に罹る。ただし、ホモ接合型でスフィンゴ脂質過剰遺伝子を二つ持っていると深刻な病気や死に至るが、ヘテロ接合型で一つだけだとスフィンゴ脂質の量は高いものの、致死的なレベルには至らない。スフィンゴ脂質のレベルが高いと、神経信号の伝達が容易になり、樹状突起の成長も促される。神経突起の枝分かれが多いほど、学習や一般的な知能にとっては好ましいという。


posted by 狭依彦 at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。