2013年08月07日 Tweet It!

太陽の磁場反転

太陽で大きなことが起ころうとしている。
NASAの関係研究所による推定では、太陽の巨大な磁場がひっくり返ろうとしているとのことだ。

3、4ヶ月以内には磁場が完全に逆転しそうだと、スタンフォード大学のTodd Hoeksemaは語る。
「この変化は太陽系全体に波及効果をもたらすだろう」

太陽の磁場の極性は、ほぼ11年ごとに変わっている
太陽の内部の磁気発電機が自分で再編成するときに、太陽のサイクルのピークで極性反転は起こる。
来るべき反転は24太陽サイクルの中間点となるだろう。Solar Maxの半分が終わるだろうが、残りの半分はまだやって来ない。

この磁場の反転は、地球を囲む宇宙に嵐を起こす可能性がある。
また、宇宙線が影響を受ける。宇宙線は宇宙飛行士や宇宙探査に影響を与える。
また、学者の中には、地球の雲や気候に影響があるという者もある。

元記事

11年ごとの反転なら心配することはなさそうですね。
でも、素人考えで、何となく、人間の集団心理に影響を与えているような予感があります。
地球の磁場の反転は昔本も読んだことがあいますが、これはえらいことですが・・・・・・





posted by 狭依彦 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。