2007年04月01日 Tweet It!

有名スターの臨死体験

ハリウッド・スターの臨死体験

元記事  機械翻訳

ちなみに、「死」について、アイクは次のようなことを言っています。

 人間は無限の意識(1つの神)の一部であり、それから分離して、「経験」するために現実の生を生きている。
 人間が自分が生きている現実世界だと思っているものは無限の意識が作り出したホログラムにすぎない。現世は、ゲーム上でのステージのようなもの。そのステージはテレビ局の1つのようなもので、テレビの放送局はたくさんあり、チャンネルを合わせるとその中の一つに同調する。しかし、別のテレビ局を選択することもできる。
 人間は死ぬと、一つのテレビ局(ステージ)から別のテレビ局(ステージ)へとチャンネルが変わるようなもの。




posted by 狭依彦 at 05:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 霊界・精神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よく死んだ人に対して言われる表現で、とても
気になる言葉があります。

「どうか、安らかに 眠ってください...」

これって 霊や輪廻転生などを否定し、
土の中になり なんなり、
とにかく 「肉体の死」 に縛り付けて
魂さえも 否定してるという意味なのでしょうかね・・・?

それとも逆に、霊や転生や魂などの
死後の世界を 一言で表現してる(さすがにそれはないと思いますが...)、
とても深いお言葉なのでしょうか・・・?

もし前者がほんとうの理由だとしたら、
ちょっと恐い一般常識の1つですよね・・・。
Posted by エコエコアザラク R−Page at 2008年07月08日 17:21
「別の世界で、新しい人生を生きてね」とは、なかなか言えないでしょうね。
まあ、それまで生きていた現界が苦の世界だという認識で、「疲れた身魂を休ませて、眠ってください」みたいな意味ですかね……
Posted by 狭依彦 at 2008年07月08日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。