2013年10月22日 Tweet It!

米食糧配給券給付削減

4700万人の米食糧配給券の受給者は11月1日に給付を削減される

米国人4760万人が米食糧配給券の給付を削減されることになっている。そして、受給者の多くが何が起こるか全く想像できないようになっている。
受給者の多くが、もはや家族のために少しの食糧しか買うことが出来ないと気づいたとき、彼らが非常に怒るだろうことは言うまでもない。

そうなる理由は、前回の不況期に行われていた食糧配給券への一時的な補助が期限切れになるからだ。
しかし、この受給カットが行われる人々の大部分がそれを理解できないだろう。
多くの人が、ただ単に政府がお金を取っていったと非常に怒るだけだろう。
そして、食糧配給券での支払いを行うシステムが数時間でもダウンしたとするなら、今月の初旬に目撃した「小規模の反乱」を考慮するなら、配給券の受領者の多くが、すぐに怒り心頭になるのは明らかであろう。

元記事

今、行われているアメリカのあれも、混乱を引き起こすために用意されたものだと思います。
日本の首相が、断固として取り組んでいるように見える経済政策も、混乱を引き起こすために、仕組んであるように思えてなりません。

霊界物語では、邪神が大蛇、悪狐、邪鬼があるのですが、私が感じるには、オバマは悪狐、大蛇はイギリス関係でしょうか、日本の偉いさんは邪鬼のように感じるのですがさてどうでしょうか・・・・・・
ちなみに、私は「日本国は特殊なる神国」というのは信じていません。


 そうこうするうちに、露国のあたりに天地の邪気が凝りかたまって悪霊が発生した。これがすなわち素盞嗚命の言向和された、かの醜い形の八頭八尾の大蛇の姿をしていたのである。この八頭八尾の大蛇の霊が霊を分けて、国々の国魂神および番頭神なる八王八頭の身魂を冒し、次第に神界を悪化させるように努力しながら現在にいたったのである。しかるに一方印度においては、極陰性の邪気が凝りかたまって金毛九尾白面の悪狐が発生した。この霊はおのおのまた霊を分けて、国々の八王八頭の相手方の女の霊にのり憑った。
 しかして、また一つの邪気が凝り固まって鬼の姿をして発生したのは、猶太(ユダヤ)の土地であった。この邪鬼は、すべての神界並びに現界の組織を打ち毀して、自分が盟主となって、全世界を妖魅界にしようと目論みている。しかしながら日本国は特殊なる神国であって、この三種の悪神の侵害を免れ、地上に儼然として、万古不動に卓立しておることができた。この悪霊の三つ巴のはたらきによって、諸国の国魂の神の統制力わなくなり、地上の世界は憤怒と、憎悪と、嫉妬と、羨望と、争闘などの諸罪悪に充ち満ちて、ついに収拾すべからざる三界の紛乱状態を醸したのである。


posted by 狭依彦 at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。