2013年10月31日 Tweet It!

ハロウィーンとケルト

Samhain - ハロウィーンの起源はケルト

10月31日の夜には、ハロウィーンの楽しみに数百万人の老若男女が参加するが、ハロウィーンが古代のケルトのSamhain (Samain) 祭りに起源があることを知っている人はほとんどいない。

2000年前のケルトのアイルランドでは、Samhainは一年の光の半分(夏)と暗い半分(冬)の分岐点であった。
Samhainの日には、この世とあの世の間の壁が最も薄くなり、精霊がそれを越えることができた。

一家の先祖は尊敬され家の中に招き入れられるし、一方、悪霊は避けられる。
人々はお面をかぶり仮装をして悪霊に扮装して、不幸を避けようとする
かがり火と食べ物は祭りで大きな役割を果たす。
殺された家畜の骨が公共の場所のかがり火に投げ込まれ、家庭の火は消され、再度そのかがり火から採られる。生者と死者のために食べ物が用意され、その場にはいない先祖のための食べ物は、恵まれていない人たちに儀式的に分かち合った。

元記事

この記事では、起源はケルト以前であろうと書いています。
最近、日本でも盛んになっているハロウィーン。それは、「商売」のためでしょうね。
儀式と言うのは、意味を知らずに行っていても、その儀式自体は力を発するのでは?


posted by 狭依彦 at 22:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
デーヴィッドアイク氏による起源の説明は大分違ってたように記憶してますが。確かペンシルバニア起源で人身御供の生贄儀式だったとか。
Posted by 天狗 at 2013年11月03日 10:27
私も、アイクさんはこの説ではなく、もっと凄惨な生贄儀式みたいなものだったような覚えがあります。

こっちの方が、オフィシャルな説明ではないでしょうか?
Posted by 狭依彦 at 2013年11月03日 23:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。