2013年11月21日 Tweet It!

フィリピンの台風人工か

フィリピンの台風は「人工」マイクロ波と関係している

「Weather Modification Association(気象操作協会)」のウエブサイトでは、他の組織と協力して60年以上もこのような計画が存在していたと認めている。

気象操作協会は1950年に作られ、気象操作技術の理解を押し進め、計画のスポンサーやオペレータ、科学界の間で衝撃を与え、期待をもたせ、倫理的な職業上の行為と、情報の自由な交換を促進しようとしていた。

政府の導入では、既に、今週「史上最大の嵐」と名付けられた台風のすぐ近辺にあるオペレーション・センターやレーダー解析センターなど、地球上の種々の場所で「大気圏加熱実験」を既に行っている。

気象監視のDutchsineは、東南アジアで、最も近辺に起こったHaiyan台風(フィリピンではYoland台風と名付けられている)がマイクロウエーブ波の活動に関係したデータを見つけている。
また、Zoraidaもまた、マイクロ波に起因する人工の嵐であると示唆している。

元記事

久しぶりにやると、わかりにくい訳ですね。
自分は、今回のが「人工」とは、あまり思えませんがとりあえず紹介しました。
10月の終わりに来た台風の2発目のやつも、日本から離れた海上にいるときは、かなり気圧が低く大きなものでしたね。
posted by 狭依彦 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/380826210
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。