2014年10月16日 Tweet It!

エボラ・アジェンダ

エボラアジェンダ

しばらくの間、このエボラ・キャンペーンに巻き込まれそうな雰囲気だ。
皆さんが恐怖にかられ、起こっていることに関して、あらゆるメディアの報道が額面どおりに受け取られているのは、彼らの計画通りに進んでいるようだ。
大衆の意識、感情、反応を自分たちの都合の良いように操作するには、とてもたやすい状況である。

お決まりの、問題−反応−解決ゲームだ。

この問題をくどくど取り上げるのは気が進まないが、この問題は今や最前線で中心であり、問題をすべて分解してしまうのが重要なことだ。

今現在、支配の網を新たなレベルで締め付けようとしているペテンのマトリクスに直面している時は特に、真実の知識は力を与えてくれるものだ。

元記事

元記事の作者はたぶん通常英語を使う人ではなさそうで、それにひきずられて、この訳も分かりにくいですね。問題−反応−解決戦略という言葉は久しぶりに使いました。
posted by 狭依彦 at 23:01 | Comment(17) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

テロ準備罪、共謀罪、そういったものもいつの間にかとおってしまうのが日本でしょうか?
賛成してる議員も、反対してる議員もみな演じてるのか?
とにかく、法案が決まった後には
安倍総理の文書問題と野際さんが亡くなったニュースに変わった気が。
といっても、議員やマスコミは「共謀罪」には問われないんでしょうね。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2017年06月16日 11:48
「日本中枢の狂謀」古賀茂明、作者は古館の報道番組に出ていて、辞めさせられた人ですが、この人の本を読みました。
この人は元官僚で「陰謀論」ではなく、「まともな」人だと思われますが、陰謀論者が考えているだろうことを「常識的」な書き方で書いています。

政府の方は、治安維持法も取り戻したし、後は徴兵制で、これもそのうち「取り戻す」のでしようね。
民主主義だから、国民の多数がそれを「支持」してゆくのでしょう。

私は、何十年も前から「ファシズムが復活するだろう」、ヒトラーとか戦前日本とは違う形になるだろうと感じてきましたが、今、それが完成に向かっているのでしょうか?

出口王仁三郎は一読しても何が書いてあるかよく分からないように『霊界物語』を口述しているのですが、今後また、そのようなものが必要になるのでしょうか?
Posted by 狭依彦 at 2017年06月18日 13:39
情報ありがとうございます。

「日本中枢の狂謀」、ちょっと調べてみたら
『日本の裏支配者が誰か教えよう』という触れ込み気になりました。
そこを具体的に説明してる文章ってありましたか?
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2017年06月18日 14:40
『日本中枢』のはっきりした定義は書かれていないと思います。
原子力村の復活、原発再稼働について、「経産省は『日本中枢』の陰の主役となっている」とあります。
この意味からゆくと、陰謀論のように陰から操っている存在があるという立場ではなく、既得権益を守ろうとする官僚政治家他一群を指していると思います。

ということで、陰謀論から見ると
常識的に感じますが、日本がもうここまで来ていることを教えてくれると思います。

私などはどうしても安倍の裏に何かの血統を考えてしまいますが、少数の陰の権力者が多くの政治家・官僚等を動かしているというより、既得権益を持つ人たちが自然的に共謀する形で動いてるというほうが分かりやすいようには思います。
Posted by 狭依彦 at 2017年06月19日 20:43
ありがとうございます。

「既得権益」ですか。いわゆる、格付けでしょうか。イルミナティ13血流の場合、共謀が難しい家同士もあるとは聞いたこともありましたが。
安倍さんも、なにげに再就任ですものね。

そういえば全然関係ない話なんですが、
最近AKB総選挙でおもしろい発言をしてたメンバーがいました。
AKB系列って暗黙にメンバー達の格付けがひどいところがあるんですが、
あの子はその格みたいなものをくつがえすほどの発言をしたというか。
1人1票じゃない、有料の総選挙そのものの犯罪性を露呈しそうになってるというか。
本人自身は哲学書を読みまくってるとても頭のいい子みたいなのですが、
ちょっとシオンの議定書の「個人的発意」を思い出すものがありました。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2017年06月20日 11:58
そう言えば、もう一冊読んでいるのがあって、それは、ユダヤの渡来が弥生時代から続いており、邪馬台国の卑弥呼もユダヤだし、聖徳太子もユダヤ。
聖徳太子の時代までは「古代ヘブライ語」を話していたが、ユダヤの痕跡を消すために、ヘブライ語の母音を変えて、日本語を創造したという話です。
古事記も、万葉集も、母音を操作すれば、古代ヘブライ語で意味のとれるものがある。

というような本で、自分としては、こっちの方が好きですね。

たぶん、その流れから言うと、安倍さんの安倍のずっと前の先祖はユダヤではないでしょうか?

ところで、安倍さん、自分が読む占星術では政治家の星を持っていると思うのですが、あの人いったい「何」なんでしょうね?
Posted by 狭依彦 at 2017年06月20日 20:50
安倍さんは、ほんとつかみどころがないというか^^;
噛み噛みで台本通り感がありありという風にも見えるんですが、ロスチャ達には忠実そうな印象はあるというか。


『ユダヤの渡来が弥生時代から続いており、邪馬台国の卑弥呼もユダヤだし、聖徳太子もユダヤ』

なんか、同祖論より純粋そうな説ですね。
僕も「今の日本らしさ」と言われるものって、弥生以降にユダヤと共通してる部分がかなりあるような気はしています。
そういう意味では、「縄文らしさ」こそ
失われた本来の日本らしさだったのでしょうかね。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2017年06月21日 11:54
お久しぶりです。
お元気ですか?

連日ニュースで見かける北朝鮮の情報が、
日本やアメリカがつくったプロパガンダ映像に見えて仕方ありません・・・。

ところで、最近、縄文土偶と他の国の土偶を調べていたら
こんなブログを見つけました
http://midomidotacnet.blog.fc2.com/archives.html

記事一覧で探してみると、
縄文土偶はメソポタミアからの影響を受けているという解釈の記事を何個か見つけたのですが、
狭依彦さんはどう思いますか?
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2017年11月24日 16:50
お久しぶりです。

紹介していただいたブログ、少し見ました。

縄文は別として、自分と同じような事を考えられている人かな?と感じました。

さて、メソポタミアとの関係ですが、縄文人とメソポタミアの前のシュメール(合っていますかね?)の関係を言う人はよくあります。
もちろん、学術的な考古学からではありませんが・・・
縄文土器の模様とシュメールのDNAの暗号との関係の本もあります。

私も、下の土器を井戸尻考古館で見たときに、シュメールなのかメソポタミアなのかユダヤなのかは分かりませんが、あっち方面との関係が浮かびました。
この写真は正面ではありませんが、取っ手が蛇系ではなさそうな感じがしました。

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%BA%95%E6%88%B8%E5%B0%BB%E3%80%80%E5%9C%9F%E5%99%A8&tbm=isch&source=iu&ictx=1&fir=IhxGTb4ZBKff7M%253A%252CP2__jjbxUZ2mjM%252C_&usg=__xRvSZicOoHrexpqnrlH3-1YYD4s%3D&sa=X&ved=0ahUKEwjLs8vUyd3XAhXEgbwKHTO4Cr0Q9QEIaDAJ#imgrc=wlnEEKDZSHjv6M:

全部の縄文が関係あるのではなく、中部山地の盛期の縄文についてはあっちの方と関係ありそうだと思っています。

さて、最近私は、インド占星術を始めました。
先の選挙の前に、安倍首相の出生時刻をインド占星術で割り出している(レクティファイと言いますが)WEB記事を見つけて、それを使って西洋占星術で調べてみたら、安倍首相が選挙で大勝ちすることが予測されていました。
また、その出生時刻でやると、安倍首相が「王様の属性」を持って生まれているのが出ています。
「何で、安倍が王様やんねん」と思いましたが、冷静になってみると、血統的に見て、安倍首相はたぶん王様ですよね。
王様と「いい人」とは関係ありませんもんね。

この年で新しいものに挑戦するのはどうかとは思いますが、それからインド占星術を勉強しています。
とは言え、何も覚わらないので大変ですし、これまで勉強していた西洋占星術とは違う体系なので、混同して余計大変です。
また、インド占星術は日本語の本はほとんどないので、英語でということになります。Kindleでいろいろ本があり安く買えるのでいいです。
ブログ記事をやめてから、英語力が落ちているので、少し心もとないですが。

昨日、少し読めるようになって、見てみたら、首相さん、やはり「王様の属性」を持っているみたいです。
そして、「cruel」という単語が散見します。

今年中には少し読めるようになりたいと、ほとんどの時間をインド占星術に費やしています。

それでは、ありがとうございました。
Posted by 狭依彦 at 2017年11月27日 10:35
スチュワート・A・スワードローあたりは、
確かシュメールはアトランティスやレムリアなどの時代からレプ系が自分達の支配や血流をさらに広めた時代と伝えてた記憶があったのですが、
日本にも全土ではないとしても、もしかしたらその支配が侵入してた部分があっても不思議はなかったかもしれませんね。

いくつになっても、新しいことを勉強することは大事な事だと思います(^^)
インドは、歴史的に奥深い部分がありそうですよね。
中国武術も、確かインドが原型というか流れだったような記憶もありますし。
インドの占星術、気になってちょっと調べてみたら
インドってもともと古くから占いが盛んだったんだとか。
しかも、これも気にしたことがなかったんですが
星図って国によってちがうとか。
自分が調べたところには歴史的に「バラモン」が独裁(?)のために支配したい者達の運命を洗脳するために占いを利用していた時代もあったというようなことも書いてあったんですが、でもあれだけ奥が深そうな国のことだから
もともとのインド占星術はきっとそういう次元ではないような気もします。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2017年11月30日 18:30
星図=ホロスコープは何種類かあります。よく使われるものには、南インド方式と北インド方式がありますが、全く違っています。両方を見るようにしています。

カースト制度は嫌いですが、インド占星術を勉強するには、少し、お付き合いしなければならないでしょうね。

レプの血の濃さからカーストが決まっていたとしたら、どうなるのでしょうね?
Posted by 狭依彦 at 2017年11月30日 21:48
遅くなってスイマセン^^;

レプの血のカーストさは、思った以上に複雑かもしれませんね。
有名なところではスプリングマイヤー氏が伝えていた13血流とかあるかもしれませんが、
あれもロスチャイルド家以上にコリンズ家の方がレプの血が濃いと伝えていたような。
アイク流に言えば、もしかしたらピラミッドのマトリョーシカのような世界なのかも・・・。

ところで、きのう林修という人が番組で
日本はATMの維持費がべらぼうに高いけど、
現金での支払いを止め始めている他の国もあるとか言ってました。
そして、電車の乗車の際の身分証明かなんかの確認をバーコード機で照合するために
マイクロチップ埋め込ませてる国もあるというようなことも。
日本も、東京オリンピック頃からか、もしくはそれまでにはそういう流れに進めようとするはずだとも。
かつてアイクが言ってたことを鼻で笑ってた人達は、こういう流れになんの疑問も感じないんでしょうかね・・・。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2018年01月29日 07:30
まあ、「そんな流れ」は静かに進んでゆくのでしょうね。
決まっていることを粛々と実行していくだけのような気がします。

いろいろ書こうとするのですが、なかなか後が続かないので、私がインド占星術を学ぼうとするきっかけとなった、安倍首相の出生時刻を13:13分とした場合の、解釈の例をあげておきます。

これは、基本的な解釈例であり、星の状態に強い、弱いと吉、凶があり、条件によってそれらが変わり、それをもとに解釈を行わなければならないのですが、まだ、私にはできません。

*ハウスの支配星が在住するハウス
1 木星 (Guru) 8 第八室:健康に問題がある。倹約家。寿命が短い傾向がある。生殖器を病みやすい。もし有害な星であれば、道徳観に囚われない。
2 土星 (Sani) 11 第十一室:ビジネスでの成功。大きな富を持つ。敵を克服する。幸運。たやすく収入を得る。
3 土星 (Sani) 11 第十一室:努力の結果、良いものを得る。兄弟からの利益。
4 木星 (Guru) 8 第八室:母親との縁が薄いが、母親は長寿。遣産、土地、建物、乗り物などを失う可能性がある。あるいは土地、建物、乗り物を得にくい。第四室の支配星としては良くない位置。幸福や平安が得にくい。
5 火星 (Mangal) 1 第一室:良い子供に恵まれる。ヴェーダを学ぶ。知的。思慮深い。賢い。
6 金星 (Shukra) 11 第十一室:敵からの収入。または、敵による損失。
7 水星 (Budha) 10 第十室:幸福。伴侶は仕事を持ち、多少支配的。仕事でのパートナーシップで成功する。
8 月 (Chandra) 7 第七室:結婚生活に満足を得にくい。ビジネスパートナーによる損失。
9 太陽 (Surya) 10 第十室:王となる。トップに立てる。高い地位につく。ビジネスでの成功。
10 水星 (Budha) 10 第十室:賢い。新しい活動を好む。誠実。裕福。有名。学識がある。政府から名誉を得る。高い地位につく。政治的活動。
11 金星 (Shukra) 11 第十一室:富と子供に恵まれる。年上の兄弟は裕福で長寿。良い親友を持つ。
12 火星 (Mangal) 1 第一室:浪費癖。体が弱い。富と教育に恵まれない。寿命が短い傾向がある。

*惑星が在住するハウス
太陽 (Surya) 10 第十室:尊敬を受ける。金持ち。有名。政府から名誉を受ける。高い地位。大臣。自由主義者、人気者。
月 (Chandra) 7 第七室:美形。幸福。異性をとても好む。嫉妬深い。大変知性的。よい性格の伴侶を持つ。旅行を好む。優しい話し方。もし月が欠けて行く時には病気がちで貧しい。
火星 (Mangal) 1 第一室:残酷。勇敢。性急。大志を抱く。事故に遭いやすい。けがをしやすい。顔や体に切傷を受けやすい。幸福を得にくい。富を得にくい。
水星 (Budha) 10 第十室:誠実。学識がある。人気者。尊敬される。勉強好き。賢い。幸運。両親に従う。地主。
木星 (Guru) 8 第八室:長寿。行儀が良い。柔らかな話し方。文筆家。富をなくす可能性がある。性器の病気。
金星 (Shukra) 11 第十一室:楽しみを好む。乗り物を所有する。安定した富。人気者。他人を助ける。宝石商。たいへん金持ち。情熱的。子供を持つ。
土星 (Sani) 11 第十一室:長寿。短気。幸福。勤勉。教養。娘を持つ可能性が高い。良い健康。ビジネスの成功。強力。子供が少ない。
ラフー (Rahu) 1 第一室:利己的。疑い深い。頭の病気。反逆者。低俗な振舞い。勉強好き。虚弱な体。情熱的。子供は少ない。
ケートゥ(Ketu) 7 第七室:結婚生活の不満。パートナーとの別れ。さまよいやすい。水を怖がる。伴侶の健康が勝れない。腸が弱い。欲深い。低俗な振る舞い。悩みやすい。

*ヨガ(ヨガというのは、日本語で言うヨガよりずっと広い概念で、ここでは「組み合わせ」のような意味)
「Raja」が付いているのが王様のヨガということです。
Paasa Talkative, characterless, may be imprisoned
Rajayoga Becomes a king even if from a lowly family
Vargottama best division
Daridra Poverty
Bhadra Learned, cheerful, helps relatives
Rajayoga sun Successful and high achievements
Chandra-Mangala Worldly wise and materially successful
Viparita RY Success after pressures or someone else's losses
Arishta   Poverty
Dhana   Very rich
Raja/Dharma-Karmadhipati  Dutiful and high achiever
Posted by 狭依彦 at 2018年02月10日 16:57
「惑星」や「室」なんですね。
それでヨガといえば、最初チャクラ的なものかな?とも思ったんですが
それは関係してないのでしょうか?

そういえばインドといえば、スチュワート・A・スワードロー氏は一般的に伝えられてるイエス・キリストではない、こと座人とマリアの子であるイマヌエルはインドに長くいて、
ヒマラヤ山脈に滞在していた頃の彼の伝説をヒトラーが調査させたとも伝えてました。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2018年02月14日 21:54
チャクラも出てきます。
ただ、「ヨガ」という言葉がものすごく広い多義語なのでしょう。
日本語で想像する「ヨガ」と、インド占星術で言う「ヨガ」とは直接関係ないように思われます。

サトウィック、ラジャシック、タマシックという言葉が出てきたので調べていたら、占星術よりインドの食べ物に関する思想などで見当たります。

インドの神様の名前も普通に出てきますので、全くなじみがないので、難しいですね。

そう言えば、ヒンズー教の「ヒンズー」は植民地時代の西欧からの蔑称ということです。知りませんでした。

ヒトラーは西欧占星術ですごいチャートが出る生年月日・出生時刻になっている(していた)ようですが(うろ覚え)、インドの方とも関係していたのかも知れません。
本を読んでいると、何度か、ヒトラーのチャートの分析が出てきます。
Posted by 狭依彦 at 2018年03月04日 22:57
『サトウィック、ラジャシック、タマシック』

心の気質でしょうか?
ちょっと調べてみたらダートゥというものもありましたが、
ちょっと思い出すことがあって、うる覚えなんですが
狭依彦さん以前確かここで何十年も断食をしてるインドの老人の方の記事あげてくれてた記憶があったんですが、
その人ってもしヨガやってたりしてたとしたら、断食のコツというか支えみたいなものに、サトウィック・ラジャシック・タマシックやダートゥなどが関係してた可能性もあるんですかね?
別な記事で調べてみたら、太陽などからの食べ物以外でのエネルギーを得ているのでは?という情報もありました。

個人的に、ここ数年何回か捻挫?とも思える程の静脈瘤らしき症状が足に現れて、自分自身の健康管理のなさももちろんあったと思うんですが、それにしても今だにトレーニング好きでもともと手足が常に熱い方だった自分が最近手足が冷たいという症状が治りません。
常にPCの仕事をしてるというのもあるかもしれませんが、
ジオエンジニアリングによる日照不足の可能性も調べています。
少なくとも、太陽のエネルギーが重要というのはあるかもしれませんね。

ところで、最近ケムの掲示板やってる方
体調もよくないとのことで閉鎖したみたいですが、
長くご一緒に掲示板やってた常連の方を疑ったりと、精神的にもつらい目に会われてたのかなと・・・。
その常連だった方のブログ見てみると、米軍が数年後に日本から撤退し、
今度は中国軍が日本を占領するのでは?と伝えてました。
少なからず世に訴えることを続けるって、やっぱり「伝えなければ」という義務では出来ないというか、本人自身が「伝えたい」という意志がないと続かないのかもしれませんね。
狭依彦さんはここを残してくれてるので過去の記事も見れますし、
今でも僕のコメントにつきあってくれるのでなにげにありがたいんです(^^)
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2018年04月12日 12:42
そう言えば、インドの老人のことは思い出します。

最近の天候(強い低気圧)などを見るとケムは一定の効果をあげているように思います(天候とケムが関係している根拠はありませんが)が、やはりケムはこれまで通り撒かれていますから、何年もケムのことを取り上げていると、良くわからなくなるのではないでしょうか。分かるような気がします。

私も、最近、短い時間ですが国会中継で安倍さんをよく見るのですが、いろいろ追い詰められているように見えるのですが、やはり、「すべてが曖昧になって、逃げ切るだろう」と思ってしまって、やはり「アベノミクソ(安倍之御糞)を今後の日本人は拝むのだろう」と思えてきて、変な気分になってきます。

なんか、書いている文章も変ですね・・・・
Posted by 狭依彦 at 2018年04月13日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。