2014年10月30日 Tweet It!

イスラム国とトルコの関係

アマチュアビデオに、ISIL(イスラム国武装兵士)とトルコ兵士が談笑しているところが撮られている

※通常イスラム国を表すにはISISが使われるが、オバマ米大統領や国連、一部の報道機関はISILを使っている。イラクとレバントのイスラム国(英語:Islamic State in Iraq and the Levant)

このビデオはシリア/トルコ国境のZarova Hillで映されたもの。

このビデオによって、イスラム国テロ集団に対する、トルコの物議をかもしだす態度について、再度疑念を持たせることとなった。

トルコ政府は、ここ数週間、Takfiriテロリスト(イスラム国側)が大規模な殺戮を狙っていると危惧されているKobaniに、軍、医療支援、人道支援を送ることを妨害していると厳しく非難されている。

Kobaniはクルド人の町であり、トルコ政府は米国の手形を得て、Takfiriテロリストに町を占拠させる計画であると言うアナリストもある。

Kobaniがクルド労働党(PKK)と同盟関係にあるシリアクルドによって奪われかねないと、トルコ政府は危惧しているという。PKKは1980年代からトルコ南部でクルド地区の自治のために戦っている。

Kobaniとその周辺地区は9月中旬より攻撃を受けていて、イスラム国武装勢力がクルドの村を数十占拠しているという。この町を巡っての戦いで、双方で800名以上の死者が出ているという。

元記事

2004年にアブムサブ・ザルカウィがイラクで国際テロ組織アルカイダの分派を立ち上げた
ザルカウィは06年6月、米軍の攻撃で死亡、後継者となったアブアイユーブ・マスリ指導者が創設したのが「イラクのイスラム国(ISI)」。
ということで、アルカイダ=> イスラム国=> 米国製、ということになりそうです。
posted by 狭依彦 at 22:56 | Comment(22) | TrackBack(0) | 国際中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです(^^)/
お元気でしょうか?
あまりにも更新なさってないようなので、さすがに心配でこのままでは年も越せません^^;笑

ところで話は変わりますが、全日本フィギア見たんですが
もう採点がますます部分的過ぎてもう点数にどれほど意味があるのかよくわかりません...。
しかしそんな中、個人的にスゴく魅かれる選手を見つけました。
永井優香ちゃんという選手だったのですが、彼女は見ていて特にジャンプに対するプレッシャーを感じない子です。
プログラム全体を魅せることが出来るというか、とにかくスケートそのものが『美しい』
そんな気持ちにさせてくれたのは、太田 由希奈ちゃんや真央ちゃん以来でした(^^)

Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2014年12月29日 07:46
ども、年末のご挨拶に訪れました。
今年もありがとうございました。

探求者は一所に落ち着かないので、貴ブログの状態になんの不満もありません。それどころか、何か樂しそうなことが始まるかのような期待のようなものすらあります。

来年こそは御本を読了したいと思います。ではよいおとしを。
Posted by kiri at 2014年12月30日 15:53
どうもです、フィギュアはしっかり見ています。
新葉さんを売り出そうとして、なんかスケ連、魂胆丸見えで嫌ですね。
と言っても、尊敬する人がキム・ヨナさんと安藤さんではなかなか日本では人気、出ないかも知れません。
永井さんはいい感じでしたね。
回転不足が厳しくなったのは、キム・ヨナが引退したからでは、と思うのは陰謀論者だからでしょうか・・・・

「新しいこと」はなかなか始められそうにありません。
空を見上げると、やはりケム撒いていて、「そろそろ奴等の計画も完成かな?」と感じてしまうと、どんな計画かは分かっていないのですが、本当に、嫌な気分になります。

人減らし
(英語でCULL【名-1】(最上のものの)選択
【名-2】(邪魔物などの)間引き
【名-3】(役に立たなくなって間引かれた)動物
【他動-1】(最上のものを)選択する、選り抜く、抜粋する、選び取る
【他動-2】(役に立たなくなった動物を)間引く、処分する
・Sick horses were culled from the herd. 病気の馬は群れから間引かれた。
【他動-3】(花などを)摘む、(摘み)集める)
のために撒いているとしか思えませんが、本当にそうなのか、100%そう思うことはできません。
だって、そうなら、私は近々死ぬだろうからです。

そんな、「けだるい」気分の中で、奴等の計画がどんな計画かを想像するために、占星学でもやろうかなとは思っています。

とりあえず、王仁三郎のサイト「うろー」のリニュアルを今やっているので、それが終わったら、またこのサイト続けたいと思っています。
Posted by 狭依彦 at 2014年12月30日 18:48
『空を見上げると、やはりケム撒いていて』

時間的に太陽のある方角を見るとあきらかにそのまぶしさに隠れるかのようにバッテンのケムを撒いてる空を確認した次の日には、この季節に雨が降っていたりもしてような・・・。


アイクの伝えるワンネスは今だに悟れませんが、
少なくとも昔々人類じたいが今よりはずっとみんな「ひとつ」だったとするならば、
「人種」や「国」などで少しずつ分割されていって
その「血」に縛り付けるように「家族」というものに閉じこもらせてきたという印象も。
そして、支配者層はさらに最終的にはその家族さえも破壊しようとしているのか・・・?
最近共に認知症と判断された両親を見てると、そう思うこともあります。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2014年12月31日 11:19
アイクさんなどの陰謀論からは、世界の姿が別の一方向からは見えると思います。
例えば、ケムがCULLだと認識は出来ると思います。
ところが、「奴等」がどのような所からそうしているかが、陰謀論からは私には見えません。

「奴等」はただ人類を奴隷として使っている宇宙人なのか、人類を育てている宇宙人なのか、人類から選ばれし者達なのか、同じ人類の特権階級だけなのか、神々なのか、神なのか・・・

また、神だけを追い求めても、ケムは何なのかは全く分からないでしょう。ケムの存在自体も知らないし、飛行機から撒いているところを見ても飛行機雲でしょう。
今、起こっている現実(リアリティ)も、地震も異常気象も火山の噴火も、イスラム国も、ウクライナ情勢も、ウイルス蔓延も、すべて「神の試し」ということになってしまうでしょう。これらの状況も、「人間」によって意図的に起こされたことが混じっているはずです。

ということで、日本語では「もう一つの視点」を得ることは結構難しいので、「アイクの情報」も少しづつでも続けたいとは思っています。

稲作がはじまり、長く続いた縄文時代から弥生時代になりました。
米が蓄えることのできるものでしたので、財産となり、それを一極支配する者が出てきて、殺し合いの争いがはじまりました。
それから現代まで一直線で「支配」の歴史が続いています。

これまでは、その稲作、主に韓半島からの渡来人(中国から韓半島を経由して来たものも含む)およびその混血によって進められ、これらの渡来人が日本人の祖先の大きな割合を占めると教わってきました。
最近、稲作の技術は渡来したが、稲作を進めたのは縄文人であり、日本人の祖先の割合の大きい部分が縄文人であるとの説に触れました。
こっちの説は、昔はあまり殺し合いをしなかったグループの中で、財産というものが発生したら、それを奪い合って殺し合いをするようになった、ということです。
今までは、「殺し合いの支配」は外から渡来人と共にやって来たと思っていたので、なかなか、すり合わせが難しいです。

私も、かなり年を取りましたが、まだまだ、勉強したい事は多いです。
Posted by 狭依彦 at 2014年12月31日 12:08
こんにちは。リチャードコシミズ氏がアイクと統一教会の関係を主張していますが真相はどうなんでしょうか?
Posted by ガルーダ at 2014年12月31日 14:11
ガルーダさん、ありがとうございます。

私の仲では、リチャードコシミズ氏関係の情報は0なので、何とも言えませんが、とりあえず・・・

最近、あまり、アイクさんの記事は読んでいないし、たぶん、本人が「関係ある」とは言わないとは思います。
これまで、このサイトの記事で「統一教会」という名前が出たのは、Ban Ki-moon氏の国連事務総長就任関係の記事だけですね。

よって、周辺情報については、ほとんど持っていませんので、答えは「分かりません」ということになります。
まあ、しかし、スケートのフェルナンデス君はサムソンに支援を受けているらしいので、アイクさんが同じ韓国発祥の統一教会と関係していても不思議はありませんね(?!?!?!)

アイクさんがもし関係ありとするなら、アイクさんは「あっち側」であるということですね。「有り得ること」ではあります。

ここからは、全く関係ありませんが、統一教会のWIKI記事を見ていて、天照皇大神宮教(踊る宗教)の教祖の孫の北村さんが議員になっていることを知りました。

統一教会の自民党関係者の一部
----WIKI PEDIA より 引用----
安倍晋太郎(自民党):『しんぶん赤旗』の2006年の報道によれば、日本統一協会第12代会長の梶栗玄太郎より直々に統一運動の指導を受けており[108]、文鮮明来日の折に帝国ホテルで開かれた「希望の日」晩餐会をはじめ、教団の会合にも度々出席。同僚議員を原理セミナーへ勧誘して政界と教団の懸け橋にもなった[42]。

岸信介(自民党):日本における勝共連合設立の中心人物の一人[41]。文鮮明が米国で投獄されると「宗教の自由」を侵した過ちであるとし、釈放を求める意見書を米大統領に提出[8]。文鮮明や久保木修己とも会談しており、ときには松涛本部を訪ねて信者を激励するなど日本統一教会(協会)草創期からの熱心な賛同者である[122]。

麻生太郎(自民党):過去に教団機関紙の思想新聞に名刺広告を出している[104]。警視庁の内部資料からは信者を秘書に起用していたことが発覚[42]。2011年5月10日付の米紙ワシントン・タイムズには、妻・千賀子や安倍晋三らと共に全面意見広告を掲載[105][106]。日韓トンネル研究会では顧問を務める[107]。

北村経夫 (自民党) : 世界平和連合から支援を受けている[123]。なお、北村は天照皇大神宮教の教祖北村サヨの孫であり、天照皇大神宮教からも支援を受けている。
----WIKI PEDIA 引用終わり----

宮本顕治さんの息子宮本太郎さんは麻生内閣時代の安心社会実現会議に委員として参加しているようです。

----WIKI PEDIA より 引用----
宮本 太郎(みやもと たろう、1958年7月13日 - )は日本の政治学者、博士(政治学)。中央大学法学部教授[1]。専攻は比較政治、福祉政策論。とくに福祉政策および福祉国家の比較分析が研究テーマ。比較分析の主軸としてスウェーデンに注目してきた。最近は、欧州におけるソーシャル・ インクルージョン政策の多様な展開に関心をもっている。
----WIKI PEDIA 引用終わり----

岸信介さん、北村サヨさん、宮本顕治さんは同じ地域の出身であるし、その子孫もその地域の関係者であると言っていいだろうから、なんか、繋がり感じますね。

きっと私の考えすぎだと思いますが、ちょとだけWIKIの記事読んでも「暗く」なりますね。
これからの日本はどこへ行くのでしょうか・・・
Posted by 狭依彦 at 2015年01月01日 09:39
『最近、稲作の技術は渡来したが・・・
今までは、「殺し合いの支配」は外から渡来人と共にやって来たと思っていたので、なかなか、すり合わせが難しいです』

そういえば、蝦夷の人達も大和朝廷とばかりではなく
蝦夷同士で争いがあったという説も聞いたことがあったような。
要するに、もともと縄文人じたいが「どこからか来た人達」だったのか?
もしくは太田龍氏あたりが最終的に受け入れてた「生粋の日本人達」だったのか?
ということも関係してるのか・・・。
そういったことの起源をたどるうえでのひとつかもしれない「遺跡」って、地形の変化的にいってもしかしたら海底とかに眠ってるものなのかなぁ・・・。

ちなみにスケートといえば、きのうの昼間にBSでやってた全日本Jr見たんですが
なんかスゴいレベルになってて!
特に、中1のノービスの青木祐奈ちゃんと本田真凛ちゃんの脅威がハンパない!
本人達自身はとても無邪気で明るくてただただカワいいだけなんですけど、
スケートじたいはとにかくその年齢でジャンプもさることながら全体的に素晴らしくて
もはや採点なんて気にさせないほど。
優香ちゃんもそうなんですが、真凛ちゃんと祐奈ちゃんも3人とも共通してたのが
「将来的にトリプルアクセルができるようになりたい」ということ。
そんな3人を見て個人的に思ったのは、どんなにジャッジが厳しくなろうとトリプルアクセルに挑戦することをあきらめなかった優香ちゃんが憧れてる浅田真央ちゃんあたりがやってきたことって、
今これからのスケーター達に少なからず影響を与えていたのかなぁと☆
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2015年01月01日 10:56
お返事有難うございます。スケートは個人的に興味があまりないので見てませんが私はリチャードコシミズ氏の言うアイクと統一教会の関係は個人的には信じていません。そもそもリチャード氏は自分以外の陰謀論者全てを否定していますので自己矛盾を起こしていませんか?陰謀論を内部崩壊させる為の偽陰謀論者と言う感じです。フルフォード氏にも同じ印象があります。あくまでも個人的見解ですが。
Posted by ガルーダ at 2015年01月01日 12:26
ガルーダさん。

今日、WIKIのコシミズさんのをはじめて見ていて、「自分以外の陰謀論者を否定」しているとは思えませんでした。
主張を流し読みしただけですが、まま、うなづけるものでした。
ロスチャイルドではなくロックフェラーに重きを置く陰謀論者もあるわけですから。
確かに、これで、他の人を否定したら、矛盾ですね。

私は、2007年以降出てきた、日本語の陰謀論はあまり見ていないので何ですが、フルフォード氏も、あまり良い感じはありません。

メインストリームメディアの嘘は軽くて、信じられませんが、陰謀論も半分くらい取り込むのが良いのではないでしょうか。
Posted by 狭依彦 at 2015年01月01日 14:12
それでも 地球と人類を愛した者さんへ

富山の縄文前期の小竹貝塚では、既に見つかっている多くの人骨のDNA鑑定から、北方系と南方系の人たちが一緒に暮らしていたことが、これまでに判明していました。

最近、見つかった人骨で「2008年に出土した女性の頭蓋骨を国内外で見つかったものと比較した結果、縄文人の祖先は東南アジアから中国を北上し北海道経由で本州へ入った『北方系』の集団と、東南アジアから日本列島を北上した『南方系』の集団がいた可能性がある」と発表がありました。
ということで、縄文人は南から来た人たちと北から来た人たちが一緒に暮らしていたようです。

本田真凛さんは名前はよく聞きますが、まだ見たことがありません。
妹をCMで見ますが、その度、お姉さんはどんなスケートをするのかと考えはします。
Posted by 狭依彦 at 2015年01月01日 14:25
有難うございます。リチャードコシミズ氏のブログでは誰でも気軽にコメント出来ますのでご自身で確認出来ますが正直に腑に落ちない部分を質問するコメントをしただけで全く身に覚えの無い濡れ衣と中傷を晒された経験がありますので私個人では彼が陰謀論を弱体化させる為の成りすまし陰謀論者であるとその事をきっかけに確信しました。これは実際に各自で確める事が可能です。この場をお借りして皆様への警告とさせて頂きます。
Posted by ガルーダ at 2015年01月01日 15:16
『最近、見つかった人骨で「2008年に出土した女性の頭蓋骨を国内外で見つかったものと比較した結果・・・
ということで、縄文人は南から来た人たちと北から来た人たちが一緒に暮らしていたようです』

日本って、ほんとうに色んな国から人がやってきた可能性は否定できないですよね。
ちなみに僕は太田龍氏の晩年の日本史説を受け入れられてはいませんし宗教も信仰してませんが、この話はちょっと興味持ちました。
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-71.html#end


そういえばベンジャミン・フルフォードっていえば、
あの人ロックフェーラーと対談してた記憶が。
しかも、ツーショットの写真も見た記憶も。
アイクあたりは、さすがにそれはないような^^;
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2015年01月02日 11:01
最近NHKのラジオから「シュメール文明」という声を聴いてちょっと気になって調べてみたら、
10分尺でこんな番組やってるみたいです。
http://www.nhk.or.jp/radiosp/daiei/programs/index.html

縄文土器の放送では、世界で最初の壺は日本でつくられてたと言ってました。
土でできた篭のようなものとも。

Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2015年04月10日 12:27
ラジオは聞きやすいですね。

パプアニューギニアのを聞きましたが、興味深かったです。
縄文農耕論という説があり、縄文中期の中部地方(縄文のビーナスの時代)ではイモを栽培していたのではという説があります。
それと同じ時代の話で面白かったです。
Posted by 狭依彦 at 2015年04月19日 09:06
お久しぶりです狭依彦さん。
お元気だったでしょうか?

最近このニュースが気になったので。
http://media.yucasee.jp/posts/index/14741

土偶が売りに出されるなんてこと、あるものなのでしょうか?
それが許されるって…。
個人で所有(発見者?)してた土偶だったということなんでしょうかね?
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2015年06月25日 15:14
まま元気では有りますが、世界の情勢に触れるのは、何か、気が進みませんね。

さて、この土偶、有名コレクターが持っていたものでしょうね。
戦前に発見された土器土偶は個人コレクターが持っているものが結構あります。
出土地不明というのもかなりあります。
骨董品流通ルートで手に入ったという感じでしょうか。

この土偶は、有名な遮光器土偶が「進化」したやつだと思います。

有名な遮光器土偶

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9c/Periodo_jomon,_dogu,_2000-1000_a.c._3.JPG

有名な遮光器土偶は「宇宙人」と思わせるものですが、この進化形は人間くさいですね。

宇鉄土偶

http://www.miho.or.jp/booth/html/imgbig/00014134.htm
Posted by 狭依彦 at 2015年07月01日 20:56
そうなんですか。
国家的な遺産というカンジで大切に保管されてるものだとばっかり思ってました。
意外と数が多いというか、案外貴重と思われてないから高額とはいえ骨董品の流通にだされるんでしょうかね・・・?

いずれにしても、いつも思うんですが
縄文の土偶って顔がユニークというかとっても温かい表情のものが多いような気もします。
Posted by みなるん at 2015年07月02日 16:52
すいません、↑のコメント僕(それでも 地球と人類を愛した者へ)です^^;

別なところでのコメントの時にでも使ったかな?
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2015年07月02日 16:54
数十年前までの縄文人が「原始人」イメージの時は、縄文土器とか土偶と言うのは、一部を除いてはさほど貴重とも思われていなかったのでしょうね。
たぶん、ここ30年くらいで、価値があがって、オークションであんな値段になったのでしょうね。
Posted by 狭依彦 at 2015年07月02日 19:09
そうだったんですか。

確かに、もっと古い恐竜時代の化石とかも
それこそ近所の山とかで恐竜以外の化石が見つかったりとかしても
ニュースになったり専門家が来て保管されることもなかったような…。

縄文土器あたりの価値は、岡本太郎さんの影響もあるんですかね。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2015年07月03日 15:55
縄文土器に価値が付いたのは、岡本太郎さん【から】と言ってもいいのではないでしょうか。
Posted by 狭依彦 at 2015年07月06日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。