2015年01月12日 Tweet It!

シャルリー・エブド事件の捜査官が自殺

仏シャルリー・エブド事件の捜査官が自殺

木曜日の夜、シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)誌の襲撃事件を捜査している警察官Helric Fredouが自分の銃で自殺した。

Fredou氏は45歳で「うつ病」にかかっており、消耗しきっていたと公式発表があった。
自殺直前には、警察官は襲撃被害者の家族と面会していたという。

「このようなことが起こるのとは誰も思わなかった」と地元警察のスポークスマンは記者会見した。

元記事

新聞によると世界の首脳が、パリの「平和」デモ行進に参加するということで、「ちょっとやりすぎじゃない」という感じを受けて、久しぶりにアイクさんのヘッドラインを見ました。
陰謀論と少し離れた生活(?)を送っていますが、やはり「奴ら」は、古典的な「イスラムとの対決」を押し進めようとしているのですね。
posted by 狭依彦 at 08:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際欧州(英以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりに記事取り上げてくれてありがとうございます、狭依彦さん。
気になる情報ですね・・・。
フランスってもともとヨーロッパの中では特に多民族的な印象がありますし、
そこからイスラムとの問題が起きる(起こす?)のも不思議はないでしょうかね。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2015年01月12日 08:45
WIKIによると
イスラム過激派は「イスラームの名のもとに、大量殺人など犯罪を計画・実行する過激派団体」
「現在、ムスリムの社会の間では、個々人や地域によって程度の多少はあるものの、反アメリカ、反シオニズム(反ユダヤ主義とは必ずしもイコールではない)などの漠然とした感情があるとされ」
ということですね。

それでも、最近のイスラム過激派がイスラエルを襲ったり、ユダヤ人を○○したとか、あまり聞かないですね。
(日本のニュースでは、イスラエルの名前を外してあるのかも知れませんが)
Posted by 狭依彦 at 2015年01月12日 08:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。