2007年05月15日 Tweet It!

チキンナゲット

マグドナルドのチキンナゲットに入っているのは本当は何だ?

マックナゲットはまた、何種類かの完全な合成物質を含んでいる。これは、quasiedible(準食用)物質で、とうもろこしや大豆の畑でできたものではなく、石油精製所または化学工場でできたものだ。これらの化学物質は、含まれている有機物質が、冷蔵庫や路上で何ヶ月もたって、腐ったり、見た目が悪くなったりさせない働きがあり、現代の加工食品を可能にしている。

最初にあげられるのが、リン酸アルミニウム、第一リン酸カルシウム、酸性ピロリン酸ナトリウム、乳酸カルシウムなどの「膨脹剤」だ。これらは酸化防止剤で、ナゲットに含まれる動物性・植物性脂肪が異臭を放たないようにする。ジメチルポリシロキサンのような「消泡剤」は、食用油に加えられ、揚げている間に泡を作るようにして、でんぷんが空気分子と結合するのを防止する。

元記事

これは専門的で難しい……


posted by 狭依彦 at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。