2007年05月24日 Tweet It!

ロスはケムの中心

ロスアンジェルスはケムトレイルの中心か?

ケムトレイルが本当にあるということを認める人はほとんどいないだる。アンは人口調節、マインドコントロール、軍の気候コントロールなどについての邪悪なシナリオを示している。映画Stepford Wivesの話を作った人たちのように、ケムトレイルの技術者たちがケムを噴射している理由は、誰もそれを止めることができないから、彼らが噴射することができるということだろう。ビック・ブラザー(独裁者)が活動しているわけだ。いろいろな理由で、政府が市民にケムをかけていることが最もありそうなことで、誰もが噴霧について問題にしていないようだというのが最たる理由ではないだろう。

元記事

ロスの空は何本も白い線が入り乱れているのでしょうか?たぶん、この話でいいたいことは、誰かが問題にしようがしまいが、政府はケムを人々に噴射しつづけるということでしょうか。


posted by 狭依彦 at 22:34 | Comment(10) | TrackBack(0) | ケム・トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一応ローカルマスコミは取り上げてますね。↓
http://blog.chugoku-np.co.jp/fureai1/?date=20070218

まあ、謎の飛行機雲とかいってますが。。。
Posted by こゆき at 2007年05月24日 23:42
あと、ちょっと古いですが、こーゆうのも↓
http://www.asyura.com/0306/bd28/msg/409.html
Posted by こゆき at 2007年05月24日 23:57
「常識的な見解」というのは気持ちの良いものです。
やっぱ、気象状態で出る飛行機雲だったんだ。
「偏った先入観」は持ちたくないものです。何が人類絶滅だ!嘘つき、狼野郎達め……うぅぅぅぅ

そうやっている間に、知らないうちに、手遅れになっているのですね。
Posted by 狭依彦 at 2007年05月25日 05:50
狭さんの様に英語の情報を日本語に訳してくれてる人の記事に
こんなのがありました↓
http://blog.chemblog.oops.jp/?day=20070608
やっぱり殆どの歯磨きにフッ素が入ってるのは。。。

あれっ?なんだっけ??
Posted by こゆき at 2007年06月10日 17:21
フッ素はそうみたいですね。
どう言っていたか、確か、最近アイクの発言で「聞いた」ような気が……
日本では、水道の中に入っているんですかね?
Posted by 狭依彦 at 2007年06月10日 18:05
以前、本で読んだのですが沖縄と、あと何処かの僻地で既にフッ素が入れられているそうですが、反対や疑問をいうと、歯科医や医療関係者が「じゃあこんな村、俺たちは手を引くゾ!」とかいって脅すのだそうです。

だいたいフッ素を水道に入れるのに反対してるのは、虫歯がなくなったら困る一部の悪い歯科医師だ!なんていう逆陰謀説みたいなのもありますからね。
Posted by こゆき at 2007年06月10日 21:04
アイクの2006年のラジオ放送で、フッ素と携帯の超短波は、物理的に人間の電磁場(人間の脳または人間の精神)に影響を与えるようなことを言っているような。
Posted by 狭依彦 at 2007年06月12日 22:27
こんにちは。

フッ素に関しては何度か配信で書いているのですが
最近、ブログにまたフッ素を書きましたのでよかったらどうぞ。
http://cocorofeel.exblog.jp/6894739

ドラッグストアーで歯磨き調べてみましたが、1本を除いてすべてフッ素入りでしたよ。
私が普段使用してるのはNGOの食べれる素材の歯磨きです。

フッ素はアルミニウムを精錬するときに出る産業廃棄物です。
別の情報では、マインドコントロール兵器として開発されたと聞いています。

米軍占領下だった当時の沖縄の多くの市町村で水道がフッ素化され、
後に子宮ガンが増加した事実が判明しています。
本土復帰後に中止されているようです。


村上先生の「フッ素毒警告ネットワークへようこそ」です。
こちらでは世界中の科学者が警告しています。
http://members.jcom.home.ne.jp/tomura/murakami/
Posted by まゆみ at 2007年06月15日 13:15
初めての者です。突然で済みません。
2007,05,22(火)産経新聞朝刊、トップ。
[京阪神で水質汚染]「高レベル有機フッ素 水道水に」
「住民の血中濃度突出」の記事にあります様に、既に、大量に水道水に混入しています。
1.大阪市水道水40ナノグラム。
2,大阪市民の血中濃度14.5ナノグラム。

血液で運ばれますと、身体の脳など特定部位に蓄積される事も考慮し、
又、微量でもその成分の特徴が顕れるとする、ホメオパシー説が正しいとしますと、
この含有量は 危険な量を越えているかも知れません。

Posted by Hsien at 2007年06月25日 16:48
パタ 犯罪の要因も指 ラブリーボーダー 月に最悪記録と しかし 議席増を狙う グラバカ 月は 暮らし は特にタイのイスラ
Posted by イラクの民間人犠牲者 at 2007年06月25日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。