2007年06月07日 Tweet It!

黄道十二宮の原型

12黄道宮の原型が突き止められた

現代の技術を使い−そして、何辺かの岩−米国の占星学者が古代の粘土板の起源を追跡し、詳細な年代と場所をつきとめた。この粘土板には、現代の黄道十二宮の原型だと考えられる星座群が刻まれている。
MUL.APINとして知られている粘土板は、200近い天体の観測結果が書かれており、いくつかの星座に関しての測定結果もある。これらは、中東の筆記体でとして知られている中でも最古のものである楔形文字で書かれており、紀元前687くらいのバビロンで作られた。

元記事 機械翻訳

元記事サイトに、粘土板の写真があります。


posted by 狭依彦 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神秘・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。