2005年06月19日 Tweet It!

ミケランジェロの絵に隠された臓器

ブラジルの外科医がシステイナ礼拝堂に書かれているミケランジェロの絵から、人間の臓器を発見した。天井画38のうちで、34の内臓を発見したという。これまで、発見されなかったのは、人間の内臓に関する医学の知識がある者が、そのつもりで絵を見ることがなかったからだという。

15年くらい前にも、アメリカの医学者がシステイナ礼拝堂の別の絵が、人間の脳の横断面だと指摘したことがあった。この学者は、ミケランジェロは神がアダムに魂を与えたことと、人類に対する知性という神聖な贈り物とを同一視していると言っている。

元記事

元記事の左側の小さな写真をクリックすると、絵と内臓の関係を説明した画像が見られます。


posted by 狭依彦 at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。