2005年06月30日 Tweet It!

英IDカード

ブレアはIDカード導入の第一ラウンドに勝ったが、本当の戦いはこれからだ。

ブレア政府は、総選挙の得票の35だけで選挙に勝ったが、ブレアに反対票を投じた多数派の反対にもかかわらずIDカード政策を推し進めようとしている。

ブレアは反対意見にも耳を傾け、何らかの返答をすると発表した。

IDカードを導入すれば、組織犯罪、テロリズム、不法移民などの問題に効率的に対処できるというのが、ブレアがIDカードを推進する理由である。

アイクのサイトのコメント

それは、確かに、デモクラシー(民主主義)と呼ばれるね。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/4632835.stm

英国であったことは日本にも起こる。


posted by 狭依彦 at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック