2005年07月06日 Tweet It!

アメリカ大陸最初の人類

メキシコ中央部の古代の火山湖の湖畔で見つかった足跡はプラスチックの型がとられている。科学者はそれが4万年まえのものだと時代を解析した。

アメリカ大陸へ最初にやってきた人々は、ベーリング海峡を渡りロシアからアラスカへやって来た。時代は、最後の氷河期で、1万1千年前くらいだと考えられていた。

この発見により、アメリカ大陸への移住は別の種族によって何回もなされたことが推定される。また、オーストラリアやポリネシアから海を渡って人々がやって来た説も強化されることとなった。

元記事


posted by 狭依彦 at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 超古代史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。