2005年07月16日 Tweet It!

宇宙兵器の恐怖

デス・スターのような、宇宙空間に置く兵器への懸念が高まっている。
宇宙空間に置いた衛星に兵器を積み込めば、衛星は90分で地球を一周するので、その90分の間にどこでも攻撃することができるのだ。

コストがかかるため、アメリカはまだそのような兵器の開発は行っていないが、例えば、中国がそのような兵器を軌道に打ち上げる懸念を持っている。

アメリカ空軍のSpace Command(宇宙部隊か?)の副司令官は、「宇宙の可能性へアクセスすることを否定するような能力がアメリカには必要だ。いろいろな方法があるが、スター・ウオーズのように、地上のコントロールセンターの機能を停止させればよいのではないか。」と語っている。

また、クレジットカードで何でも買える時代であるので、テロリストが宇宙の可能性へのアクセスするの懸念もあるという。

翻訳

元記事

なかなか興味ある記事です。翻訳ではよく分からないかも知れませんが、映画スター・ウオーズの役割がうっかり暴露されているようです。近頃、ダス・ベイダーのナチスのヘルメットのイメージが街中にあふれていますね。


posted by 狭依彦 at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック