2005年07月27日 Tweet It!

マイクロチップの現状

米国の、元公共医療サービス大臣のトミー・トンプスンは自分の腕にもマイクロチップを埋め込み、自分の会社の医療用情報チップの宣伝を目論んでいる。

このチップはフロリダのヴェリ・チップによって製造されており、米粒ほどの大きさで、16桁のIDコードが記録されている。これを病院でスキャンして、そのコードをもとに医療情報のデータ・ベースから情報を取り出すわけだ。

現在、世界中で2000が埋め込まれており、米国では2つの病院がスキャナーを装備している。チップは昨年FDA(米食品医薬品局◆厚生省の一局で、食料品、医薬品、化粧品の検査や取り締まり、認可などを行う)の認可も受けた。

現在までに、メキシコでは1000名以上の患者に医療用チップが埋め込まれている。また、メキシコの法務省では機密データのアクセスのため200名近くの職員にチップを埋め込んでいる。

スペインバルセロナのBaja Beach Clubでは、VIP室に入るためには、チップを埋め込まなければならないようになっている。ここでチップを埋め込む人は、看護婦によって注射でチップを埋めてもらうということだ。

医療用などIDのためにチップを埋め込んだとしても、個人情報を処理するデータ・ベースの技術は完成しているので、チップを埋め込むことにより、それ以外の様々な個人情報をデータ・ベースに蓄えられることになる。


posted by 狭依彦 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。